脱妄想「音」

面倒だ。何が面倒って、電気をつけるのが。節約したい気持なんて実はないんだけど電気をつけるのが面倒なので、「節約のため」とホラ吹いている。もうかれこれ、25年くらいずっと面倒だ。私は引っ越しが好きなのでいろいろなタイプの家でいろいろなタイプの電気を使ってきたけれど、壁にスイッチがあっても、電気から紐が伸びてても、リモコンがあっても、自然光でやってきた。暗くなって帰ってきた誰かが、電気をつけてくれればそれにこしたことはなかったのだ。当たり前のことだけど、暗くなる時って、急にはならない。ジワジワジワリと暗くなる。それに合わせてジワリジワリと瞳孔も開く。だから、ふと気が付いて周りを見れば薄暗くなっていることはあっても、当の本人の視界は暗くなってはいないのだ。何かに集中している人の見ている対象物には、必要最低限の光は射しているものなんである。
夢中になるひとが見ているもの、そこには常に光が射している。
おぉ素晴らしい、なんてこったモノは言いようだな。

私が電気をつけなくてもひとりでなければなんとかなるもんで、帰宅した家族の誰かがつけてくれることになっている。
そして、「なんでこんなに暗いとこで本読んでんのっ!」とか何とか言って電気をつけてくれた御仁は、二言目には皆一様にこのセリフを言わはる。
「目ぇ悪くなるでっ!!」
わたくし、32年間、電気つけずになんやらやってきたが、只今の視力、1.2。たぶん、まぁまぁいいほう。自分でもいつかホンマに視力悪くなるよな、とずっと思ってきて、まだ思ってる。未だに自然光でやっているけど、あと32年かけて予想では0.9。たぶん、予想では意外とマシなほう。

とにかく電気をつけない習慣できているために、私は夜中、暗闇の台所にインスタントコーヒーを5~6杯作りに行く。「暗闇インスタントコーヒー歴20年超」である。感覚でコーヒーの粉入れて、グラニュー糖入れて、ミルクパウダー入れる。時々味が崩れていることもあるけど、許せる範囲内で崩れてるからオーケー。そんで湯を注ぐわけだけど、「ここや」と思うところでやめて居間に戻ると、ジャスト「ここや」の嵩まで注いでいるのだ。毎日のことなのでマジマジと見ることはなかったが、今日もジャスト「ここや」。そしてその嵩を見、私は小学生の時に『ジャスト「ここや」』を掴んだことを思い出した。私失敗してたんだった、最初。

小学生の時分私は、殆どを祖父母に育てられた。飲み物はいつでも日本茶であった。急須に湯を注ぐのであるが、祖父母からして面倒がりだったのか、祖母は急須に湯を注ぎに台所へ行く際、電気をつけることがなかった。しかし、祖母はいつでもジャスト「ここや」でキめてくるんである。すでにコーヒー中毒だった私はたしか最初の何回か、湯を溢れさせた。ヤケドを何回か経験した覚えがある。電気ポットなる便利品が祖父母の家には設置されていなかったように思う。ヤカンで湯を沸かしていた。「あっちっ!」と何回か言った時に、祖母が私に教えてくれたのだ。
「注ぐ時の音をききなさい」
って。なるほど音には変化があるのだった。ジョボジョボコポコポカカカカ、て。カカカカはあんま、聞いちゃいけない音なの。その後「ジャ~」だから。ジャ~ゆぅたら「あちっ」やから。手遅れやから。

私は今日、はっとした。
確かに子供の頃学ぶための音に耳を傾けたのに、いつから騒音にばかり耳を傾けるようになったんやろ。工事の音を耳障りに感じたり、洗濯機の脱水の音がガッコンガッコン鳴り始めたら「ちっ…」て思ってた。歯医者屋に行って「キュイ~ン」て聞こえたら「やっぱ今日はやめときます」て何度も言ったな…。
私は、自分に必要な学びの音を、一体いつから聞き漏らしてきたんだろ。聞き取る耳を、一体いつ失ったんだ。私、ちゃんと自分に注がれる音を、聞かなきゃ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2007-12-29 01:04 | +ミルニング+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA