弾丸ツアー:広島~山口

関西で広島焼を食べる時に広島焼のお店を探すとたいがい「広島風お好み焼」となっている場合が多いが、

d0137326_09323313.jpg
これが広島となると「広島流」になるんだね。


「木やなぁ・・・」

d0137326_09330040.jpg
木造、と見えている広島城。
じつは、最上階のみが木造の鉄骨鉄筋コンクリート構造で復元されたお城です。
d0137326_09330350.jpg

近くに現代的なマンションが。

d0137326_09330513.jpg
「街感がなかなかやな」
大阪城とええ勝負。
大阪城も街中に突如として派手に建ってる感じ。
大阪城の別称が錦城で、広島城の別称が鯉城、これもええ勝負か。


「へ?そうなの?」
「何が?」

「山で遭難したら北がわからないといけないのかな~て思うけど、天守閣でも北ってわかってなきゃいけない感じ?」

d0137326_09331056.jpg
「書いてるからそうなんちゃう?」



「へ?そうなの?」
「何が?」

「城の中Wi-Fi飛んでるの?」

d0137326_09331465.jpg
「書いてるからそうなんちゃう?そんなことより、こんなに酷いことにならんように気をつけや」
d0137326_09331767.jpg

「けつまづいたり、かちわれたりする可能性があるな。」



「うわ~刑務所みたーい」

d0137326_09332060.jpg
行ったことないけどね、刑務所。イメージ・イメージ。
私、刑務所慰問って行ってみたいんだよね盆踊りで。
まさか天守台で刑務所気分が味わえるなんて思ってもみなかったな。


「あ、まぅ。ピンズあんで」

d0137326_09351664.jpg

私はこのご当地ピンズの100円のほうを集めているのだが、物価の変化に堪えきれなかったのか100円ピンズは観光地から姿を消したようである。

d0137326_09351999.jpg

「いかにも外国人をターゲットにしました、てカンジやな」

d0137326_09352257.jpg

「ん~~~~これかこれやな。どっちも同じくらい出て欲しくない」

d0137326_09352515.jpg
「やった!出て欲しくないの出た!」
さすが強運の持ち主と名高いだけあるね。
確実に自分が欲しくないモノが出てくる、引きの強さ。

私たち親子のピンズ前での会話はこう。

「ねぇアンタやったらどれが一番出て欲しくない?」
「ボク、これ~」
「あ~私も、これ。」
「あぁ~~~~高確率でどっちかが欲しいのが出るな」
ハズレのアタリがレア。

「まぅ、どれが一番、出て欲しくない?」
「うわー、ここすごいな。これとこれとこれが同じくらい一番出て欲しくない」
「えーーーー?!ボク、まぅが出て欲しいと思ってる2つが同時に一番出て欲しくないと思ってる」
「えーーーーーー?!じゃこのピンズ神やんっ!どれが出てもどっちかが出て欲しくないヤツやんか!2回やる」
入れ食いよ、入れ食い。


どうなんだろうか、しゃちがわらとせいくらべ。
大人がやっても何も起こらないのかな。

立ってせいくらべも

d0137326_09352849.jpg

座ってせいくらべも

d0137326_09353119.jpg
やってみたけど、シャチ瓦が「おっきい!」とも「ちっさ!」ともならない、思っていたくらいの大きさなんだけども。


これもどうなんだろう。

d0137326_09353375.jpg
手ブレ補正がキいてるカメラでここまでブレブレ撮影出来るむーの撮影の腕よな。
マグニチュード撮影。


「何?」

私が木を見上げているから聞いているのか?

d0137326_09381228.jpg

「いやぁ・・・真っ直ぐに上まで伸びるもんやなァと思って。」

d0137326_09381448.jpg
「・・・ナナメノキ、て書いてるで?」

d0137326_09381704.jpg
「ウソやん」
「ネタやな」
「ネタや」
上へ真っ直ぐ伸びるけどナナメノキは枝を折ると斜めに割れます。


d0137326_09381909.jpg

「こんなに大きい木で1人分しか吸収してくれへんねや・・・」

d0137326_09382230.jpg

NO!森林伐採。


修学旅行鉄板のザ・世界遺産。

d0137326_09382550.jpg

皆さん、いいですか。

d0137326_09382894.jpg

厳島神社の姿が今生で見れるのは、平清盛のおかげなんだから、スルーしないでちょっとは見てね。

d0137326_09420733.jpg
立ち止まってこの像にカメラを向けているのを、2人しか見なかったよ。
私たち家族3人入れても5人だよ、5人。

本当に海に沈んじゃうんだね。

d0137326_09425095.jpg

でもあえて、海の部分切って空を入れる。

d0137326_09425775.jpg
だって広島だから。

d0137326_09430041.jpg
こやって遊んだりもして。

d0137326_09442019.jpg
生えてるて感じやね、太い木の根元1本使ってんだね。

d0137326_09430520.jpg
やっぱ海に沈んでるんだね。

d0137326_09430817.jpg
お賽銭。



なんでこんなメインじゃないアングルなんだ?

d0137326_09431123.jpg
と、お思いのことでしょう。

d0137326_09431318.jpg
こんなことになっちゃって、画像の処理がめんどっちーからです。
d0137326_09431605.jpg
世界文化遺産って人気だからね。


これね、潮が引いた時に地ベタにへばりついてるこの海藻。

d0137326_09464456.jpg
なんて名前かは知らないけどたぶんアオサ系の。
これ、皆さん勘違いなさってると思いますけど、この上を歩いたらツルっていくと思ってるでしょ?
ツルっていくんは岩にへばりついてるヤツで、土の上だとさほどツルっていかないですよ。
南国宮崎育ち宮崎生まれ暇つぶしは海、ていう毎日を18年間やってた私がゆーねんから、信じて土の上の海藻を踏んで歩いてみてください。
思ってるほどツルっていかないから。
ツルっていったらごめんね、層になってる部分とかたまにツルっていくで。


床板に隙間があるのは満潮の時の水圧を逃がすためだって。

d0137326_09465567.jpg
ツアーガイドさんからの盗み聞き。


厳島神社の有名な能舞台だって。

d0137326_09465870.jpg
ツアーガイドさんからの盗み聞き。
d0137326_09470181.jpg
情報万引しているわけじゃないんだけど、同じペースで進むからさ、自然に情報が流れてくるよね、て。
d0137326_09470778.jpg

清水が湧き出てんねんて。

d0137326_09503889.jpg

でも潮が引いてしばらくはちょっとしょっぱいよね、たぶんね。

この弧を描いている橋って美しい。

d0137326_09471002.jpg
美しさが見事。

d0137326_09471456.jpg
「急やな・・・これ渡れる?勅使橋」
d0137326_09471677.jpg

「滑ってきたんちゃう?」

d0137326_09472019.jpg
下乗しといて何よりやな。

さすが日本三景

d0137326_09521402.jpg
d0137326_09521813.jpg

お土産屋で、ご近所様へのお土産とかいろいろ買っていたら、おばちゃんが紙袋に入れて私に渡しながらこう言った。

d0137326_09522224.jpg
「しっかり、持っていてくださいね。」



えぇ?!

d0137326_09522664.jpg

えええーーーーー?!

d0137326_09522921.jpg

d0137326_09523217.jpg

ええぇーーーーそうゆう意味なの?!

d0137326_09523894.jpg
狙われる、てことなの?

ゆってよ、そうゆってよ、、、

d0137326_09524159.jpg

「ギャーーーーー!ヒー坊!助けて!ぃやぁああぁっぁぁぁぁあああヴぁああぁぁ!」

襲われている画像は襲われているために撮影はできていませんが、なにか食べ物を持っている時と紙袋は狙われますのでお気を付けあそばせ。

「うっわ、あったまええな、あの人。」
外国人観光客の男性がパンか何かを食べていて、鹿が寄ってきたから少しちぎってポン、て低い石垣の上に置いた。
「ああやって餌置いといて逃げていくねんな」
鹿、置き餌に夢中。
この画像も、関心しきりだったのでありません。


「これさぁ、別に山登らんでもえっかな」
「ボクも~」
「なんやそれ~山登らんかったらあっこ行けてたのに~」
「ドコよ」
「山口」
「へ?広島から出るの?」
「ヒーおまえスマホであれ調べて、錦帯橋の時間。行っても時間終わってたらしゃーないし」
行く気か・・・山口に。
急に超弾丸になってしまったぞ。
山を登らずにゆっくりダラダラするつもりだったのに。

超弾丸ツアー決行決定。

「だって錦帯橋のためだけにまたわざわざ山口までって、こーへんやろ?」
「なによそのキンタイキョウていうの」
「橋」
「橋?!橋のためだけに広島から出て山口に行ってんの?!十分わざわざやけどな」
「関西からおもたら、ついでや」
範囲広げ過ぎてるからついでに聞こえてるだけや。
「有名なん?」
「有名や。見といたほうがええんちゃう?」
「そんな特別な橋?」
「まぁ・・・そうやなぁ」
答え方に特別な感じがございませんけれどもねぇ。

「木やなぁ・・・これは凄い。」

d0137326_09555663.jpg
「な?来てよかったやろ?」
d0137326_09555350.jpg
ついでじゃなくてわざわざ来るほどの価値がある橋だと、ちゃんと言葉にしなきゃダメじゃないか。

d0137326_09555961.jpg
なんて見事な造形美。


錦帯橋の構造は組木の技法で、橋の上からの圧力でさらに強度が増す仕組みになっているんだって。
その昔、徳川吉宗が隅田川の川沿いに桜を植樹させ、満開の頃に花見見物の人々に地盤を固めてもらい川の氾濫を防いだ、てな風流で賢いやり方をきいて危うく徳川吉宗に惚れるとこだったけど、吉川広嘉にも熱を上げかけたよアブネーアブネー。
名前に『吉』の付く男は要注意やな。
d0137326_09560867.jpg

この技術が、300年以上も前なの。
非の打ちどころがないのよ、橋梁工学からみても。

家でも民芸品でもこういう橋でも何でもいんだけど、昔の技術の中でも木で作る造形美ってすごく惹かれる。
木の性質を知っていてそれを素直に使っていく真っ直ぐさが出来上がりの美しさになっている。
常にひと手間かけてるのに、そこが隠れてる。
美しさが際立っているのって、隠された美があるからなんだと思うな。

d0137326_09560236.jpg
補って有り余る造形美、錦帯橋。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2017-09-16 10:13 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

<< ギリギリ中村佑介展 弾丸ツアー:修学旅行リターンズ... >>