企業努力

「まぅちゃん近くに温泉あるやんか。なんでそっちの遠いほう行くん?」
「近所のほうは疲れんねん。子供を叱るのに忙しくて全然くつろげへんから、遠くてもマナーがいいほうに行く」
近所の温泉に来る客のマナーがすこぶる悪い。
夜中まで営業しているので近いし行ってくつろぎたいのだが、ココで私はどの時間帯でもくつろげたためしがない。
夜中でも子供連れの客がいて、深い浴槽では飛び込み大会が行われ、浅い浴槽では遠泳が始まる。露天に避難すればアクアビクス。
親がそれを注意しないので、私が注意する。
「プールじゃないで」とクチで言ってもきかない子供たち。
仕方がないので息子2名を躾けたキャリアを活かして、泳いでいる子供の真上に立ち、背中をゆ~くりと押し、鬼でも見るような形相で浮いてきた子供に視線を合わせ、出来るだけ低い声で言って聞かす「なんべんゆぅたらわかるんや?ココはプールちゃうゆぅてるやろ?」そうまでしてやっと、私の見えている範囲内では泳がない、ていうモラル。
あまりに疲れるので、近いけど行かなくなった。

子供にだけ働きかけてもイタチごっこやな、と感じるんだよね。
親の意識を変えないと。
躾って継続してこそ身に付くものだし。


「ぅわ~懐かしい~斬新な企業努力が出て来た~」

くら寿司のがちゃポンの景品が『ビックリマンチョコのシール』みたいな時期があった。

d0137326_11594385.jpg


「素晴らしい企業努力!日本の未来を憂えての具体的な行動の結果がコレってカンジ!寿司って気分ちゃうけどくら行こかな~」


d0137326_11594866.jpg

見られてますよ。
親のアナタの根本的モラル。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-10-20 12:11 | +in the sky?+ | Comments(0)  

<< 古き良き パッと見 >>