弾丸ツアーin三重:社会にはややこしさが溢れています

「イルカ島に行くのに遊覧船に乗るねんて」
「遊覧船に乗る?!そんなことゆ~らんてぇ~!すぃんじら~れらいわ~!」
「もう駄洒落でも何でもなくなってきてんな」
「おやじギャクよりイタいカンジになってるな」
駄洒落の大会ってのがあって、優勝者が小学校の先生というのを数年前にテレビで見たけど、出されたお題で瞬時に駄洒落を作っていてなかなかレベルが高いんだよね。
でも、ヒー坊も日々の駄洒落自主トレが功を奏してなかなかのレベルだからイイ勝負だと思う。全国大会に勝ち進んで、兵庫県ではないどこかに行って、私はそれを口実にその県の盆踊りに行きたい。大会は子供も参加するから夏休みにしてたと思うんだよね。とにかく違う県の盆踊りに行って知る人ぞ知る地域限定の曲とか踊ってみたい。

イルカのショーがむちゃむちゃ狭いプールで、やる。

d0137326_23591730.jpg

ホンマは海に作ったステージで海の中でやってるけど、3月の水温が低くてイルカが弱ってしまうので、温水プールでショー。

d0137326_23592061.jpg
こんなに近くでイルカのショーを見ることはないから「距離の近さを楽しむ」ということみたい。

ここで意外なイルカ情報をひとつ。

イルカって、クジラなの。

d0137326_23592371.jpg
でっかいのをクジラって呼んで、ちっちゃいのをイルカって呼んでるだけなんだって。

「クジラってさ、体にフジツボがついてるのがスゴイと思わない?」
と、誰に言っても同感だという意見を聞かないんだけど、スゴイと思わないのかな?クジラって広い海を動き回っているのに、そんなクジラの体に付着して、フジツボには共存できる環境適応能力が備わっているのだろうか、水温とかエサとかいろいろ変わるだろうに。クジラにしたって自分の体にフジツボが寄生してるって知っているのだろうか。知った時にはすでに手遅れなのだろうか。人間の私には、どっちの目線で見てもこの共存はハイリスクに思える。
自然界ってシンプルで賢くまわってる感じがするけど、クジラとフジツボの関係だけは間違ってるような気がするんだよね。
気のせいだとイイんだけど。

イルカ島

d0137326_00002610.jpg

かもめ劇場

d0137326_00002342.jpg
アシカショー
d0137326_00003164.jpg
ややこしいな、もぅ。

遊泳は禁止ですよ!

d0137326_00013100.jpg

でもスタンプは随分と泳ぐ気マンマンやけどね。

d0137326_00013488.jpg
いろんなややこしさや間違いがあるもんですなァ。







[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2016-05-15 00:03 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

<< 心しか健康じゃないもんで 弾丸ツアーin三重:違いがわか... >>