行きたいのです。…か?

「なぁ、クルスの海行ってみぃひん?」
「え?行くん?」
「観光名所やろ?鐘とかあって」
「えー…観光名所なんて思ったことない…」
「ネットで検索してもクルスの海は出てくるくらい有名やで?願いが叶うんやって」
願いが叶うかどうかは自分の努力にかかってると思うけどな。


旅情報サイトの『クルスの海』解説にはこんなことが書かれていた。

宮崎北部の海岸に在る、恋愛にまつわるパワースポットです。岩場によって十字に分けられた海は、遠くから見ると「叶」という字に見えます。海が見える丘の上には、願いが叶うという鐘があり、幸せな未来を思い描いて鐘を鳴らす人があとを絶ちません。 ロマンチックな観光地です。 (※引用元:Find Travel 実はステキな観光名所が一杯!宮崎のオススメ観光スポット20選)

鐘を鳴らす人があとを絶ちません…鐘の音なんてきーたことないけどな」
「行こう、どうせヒマなんやろ?」
「ま、ヒマなんだけどね」



「家の鍵、渡しとくわ。どっか行くんやろ?」
「うーん…クルスやなァ」
「クルス?何しに?」
うん。実に正しい反応だ、弟よ。
私も思う、クルスに何しに行くんだ、と。
「クルスの海を見て、鐘を鳴らすんだと、ヒー坊が」
「行け行け行って来い。鐘鳴らし放題じゃ」
もうね消防車なみにカンカンいける、それがクルス。

d0137326_00344354.jpg

アホほど行った伊勢ヶ浜一周コースのヒマつぶし。

d0137326_00345411.jpg
それにしても、観光スポットをギュウギュウに詰め込んだな。

私が自転車で行ってた学生の頃はココを観光スポットと認識してはいなかった。
海まで自転車で行くということが恵まれた環境だったことに気付きもしなかったな。

d0137326_00352383.jpg

伊勢ヶ浜海水浴場駐車場側から山へ山へと登り、だいたいこんな道をぜぇはぁゆぅて歩きに歩くと、岬やら展望台やら馬が背といったスポットに着きます。ぜぇはぁ言わなくても車で行ける、グリーンパークや米の山あたりがオススメ。道なりに下って御鉾ヶ浦海水浴場へ抜け、そこから日向市街へと戻る、それがこの一周コース。

御鉾ヶ浦海水浴場は規模が小さく親が海に入らなくてもチョコマカ動く我が子を目視できるので、幼児のための海水浴場。たまに授業をサボっていることがバレたくない高校生がたむろしていることがあるので、そっとしておいてあげてください。根はいいコたちです。

御鉾ヶ浦海水浴場よりも規模は大きいけれども波は穏やか、高校生になるとちょっと物足りなさを感じる海水浴場が伊勢ヶ浜海水浴場です。しかし岩場を登って奥に行き、プライベートビーチ気分を味わえる伊勢ヶ浜はカップルのデートスポットの役割も担っているので侮れません。天気がどんよりとした日に撮影したので魅力はちっとも伝わらない画像になっていますが、伊勢ヶ浜の規模はこんなカンジ。

d0137326_00363889.jpg
写真に収まりきるキャパです。

d0137326_00364078.jpg
とは言っても、人間と比較するとこうだけどね。

d0137326_00364204.jpg
天気が良いともっとキレイな画像になるんですが、波が引く時まで空が写るのは、砂の質が良いからです。
海の透明度はいわずもがなで、波が砂を巻き上げる様子まで見ることができます。

濡れている砂の上に立ち

d0137326_00375512.jpg
両足で素早く足踏みをすると

d0137326_00375769.jpg
このように海水が湧き出ます。

d0137326_00375996.jpg
足踏みした足をのけるとこんなん。
d0137326_00380178.jpg
砂がポヤンポヤンと柔らかくなって海水がみるみる溢れ出す。
砂がいいから。

乾いた場所の砂はもちろんサッラサラ。

d0137326_00391047.jpg
ググっと掴んで

d0137326_00424667.jpg
d0137326_00424902.jpg
手を広げて傾けると

d0137326_00425225.jpg
すっかり落ちる。
d0137326_00425669.jpg
砂がいいから。


ではでは、山を登りに登って行きましょう。
クルスまで案外サクっといくよ。

ハイ馬が背

d0137326_00441007.jpg
サスペンス劇場もビックリ。
断崖絶壁も絶壁、犯人が行き着くことを許さないほど。
ちょっとも行けない。自白出来ない。
d0137326_00441579.jpg

天気がよければねぇ、もっとキレイなんだけど。

d0137326_00441752.jpg
でもこんなどんよりした天気なのに

d0137326_00442197.jpg
海の透明度がちゃんとわかる

d0137326_00442406.jpg
波が渦巻いてても底が見えるコバルトブルーの海。

山に登ってもちゃんと南国。

d0137326_00453000.jpg

宮崎ならどこかしこに生えてるフェニックス。

クルス、到着。

d0137326_00460531.jpg

天気が良ければねぇ

d0137326_00460824.jpg

ベンチはフルストーン

d0137326_00461058.jpg
潮風が濃いからね、金属とか木材だと浸食がね。
d0137326_00464922.jpg

クルスとはクロスのことです、十字架。

d0137326_00465238.jpg
航空写真だと、叶ってるね。

でも現在地からの眺めは、こうです。

d0137326_00465508.jpg
そして案の定

d0137326_00465854.jpg
鐘、鳴らし放題。
けたたましく鳴らしましょう。






[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2016-02-15 01:07 | +朝臣寺+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA