どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

だってそれがサイコパスなんだもの

「問題出していい?」
「どうぞ」
昼ご飯を食べている最中にヒー坊が急に問題を出すと言う。

「エーコさんがいました~」
「そのエーコさんて…栄子さん?漢字かな?それともA子かな?アルファベット?」
「まぁソコ重要じゃないけど、ABCのA子さん」
「そっちかァ」
「A子さんの彼氏がDV男だったから別れました~」
「よかったね、別れられて。」
DV男っつーのはなかなか虐げてる女を手放さないモンやで。
ハネムーン期っつーのがあってやなァ暴力のあとに優しくされるもんやから“このひとは本当は暴力を振るうようなひとじゃないんだわ、本当は優しいひとなのね”と許してしまう。許しては殴られ、許しては蹴られ、許しては叩かれ…とね、女のほうも冷静な判断を欠くような精神状態が続き負のスパイラルに陥りやすいもんなんや。

「A子にはお友達のB子がいました~そしてそのB子がDV彼氏と付き合っていることがわかりました~そしてA子はC子を殺しました~なんででしょう?」
「さっぱりわからん。なぜ何の関係もないC子が現れて脈略もなく殺される羽目になったかまったくわからん」
「あ~~~ちがうちがうちがう、B子B子。A子が殺したのB子~」
すいぶんとカジュアルに言うのねぇ、殺人事件なのに。
オマエの登場人物はどないなっとんねや、オマエの匙加減で無事やったり殺されたりしとんのやぞ。
「B子が殺されました、なんででしょう」
「包丁で?絞殺?銃殺?」
「いや…殺し方とかはどうでもいいねん。殺した理由」
「あぁ…ひっかけ問題ってわけじゃないのね。うぅむ…嫉妬か?」
「て、考えるのが普通のひとやねん」
「て、どうゆう意味?」
「これな、サイコパステストってゆってな?これが酒鬼薔薇とか元少年Aやと答えが違うねん」
「異常犯罪者2名みたいにゆぅたけど、その2名は同一人物やからサイコパス1名やな」
「サイコパスはな、B子を守るために殺したて答えるねん」
「うわー…異常…」
「やろ?」
「同じ殺すんならDV男のほうを殺したらええのに」
「て、考えるのも普通のひとやねん。サイコパスはB子を守るためにB子を殺す」
「どうりで異常やわ」

それからもサイコパステストは、続く。

「ひとんちに強盗に入って、その家の主人に見つかりました」
「マヌケやな」
「ま、テストやから」
「見つかったから殺すんだけど~」
「なんだその軽々しい殺人の流れは」
「ま、テストやから」
「殺すのは前提やねんけどな、家の主人が押し入れに逃げてん、襖しめてるんやけど、どうする?」
「どうする、て言われても…」
「どうやって殺すか~てことなんやけど~」
「やめてぇ…そんな軽々しく言うのやめてぇ…ウチで楽しい殺人計画がなされてるみたいで人様に誤解されたら大変…」
「まぁ、襖開けて殺すとか?呼ぶとかさ」
「でもそれだとサイコパスじゃないから不正解やろ?」
「正解とかないからな、それがサイコパスの答え方、ていうだけで」
「どうやったらサイコパスかってことを考えないと…」
「…て、思って考えるやんか~?」
「…て、どうゆう意味?」

「開けないんじゃないの?襖もろともなが~い日本刀みたいなヤツで貫通するまでブスーーーーーーーーと刺すんじゃないの?無残に。」
「まァ普通のひとやな」
「普通か…ひとつピンときたサイコパスあんねん。自分の手ぇを直接使ってじゃなくてな、家ごと燃やすねん。どう?異常じゃない?」
「まァ…まだ普通のひと」
「普通?これが普通か?何?普通ってナニ?家に火ぃつけるねんで?押し入れの中に生きた人間おんの知ってて燃やして普通って何よ?…サイコパスって相当のバカモノやな…そら誰にも相手にされんわな…」
「サイコパスはな、待つて答えるねん」
「何を?何を待つの?」
押し入れの中の主人が出て来るのを待つ
「ぃやぁあぁああぁあ~怖い…狂ってる…狂ってるで…」
「やろぉ?サイコパスが考えそうな異常な答えを考えても、サイコパスの答えのほうがはるかに異常やから、そんなモンじゃないねん」
「サイコパステストの中でコレが一番怖いわ、ホンマに異常」
「だから酒鬼薔薇とか元少年Aは異常やねん」
「うん、ひとりだね。精神病質者1名」

昼ごはん中のサイコパステストは、夕食になっても鳴り止まない。
ナムルを作りながら、サイコパスに寄せた回答を考えまくる。

「男の子がクリスマスにプレゼントをもらいました。サッカーボールと自転車でした。でも男の子は嬉しくありません。なぜでしょう」
「ふたつももろといて…」
「普通のひとだと、既に持っていたからとか、欲しいモノと違ったとかやねん」
「そうだろうとも。でも私はサイコパスになりきってるからな、答えはわかってるで」
「なに?」
男の子に足がないねん
「そう!それがサイコパス」
サイコパスのコツつかんだ。

「友人を殺しました~」
「いきなりやな」
「テストやからな」
「殺したところをバイクに乗った宅配のひとに見られました。宅配のひとを殺しましたがなぜでしょうか」
「見られたからやろ?」
「て、答えるのがフツーのひと」
「口封じ」
「そもそも殺した理由が違うねん」
「えー…もぅ…ヤだそんなの…人間としての根本が違うとよけいに怖い…」
「それがサイコパスやから」
「サイコパスは何てゆぅてんの?」
そのバイクで逃げるために殺したて答えるねん」
「ぃやぁあああ~…人間じゃない…人間じゃないよ…」
悲鳴と恐怖が止まらない。


「連続殺人犯がいます。今日ちょうど5人目を殺しに行ったら、殺したひとの部屋が散らかっていたから、殺したあとで片づけました。なぜでしょう」
ぼくがキレイに片付けてあげたから感謝するんだよぉうひひひひー…
「うん、違う。」
死後の世界で部屋に戻った時のためにキレイにしといてあげるからねぇひーひひひひ…
「違う。」
「なんでよ、異常やんか」
「サイコパスはもっと異常やねん」
「はっ…わかってしまった…!記念すべき5人目の殺人やのに部屋が散らかってるのはふさわしくないからやっ!!」
「うぁ~…そう!まさにそう!本当にその通りに答えるねん!記念すべき5人目に散らかってるのがふさわしくないて言うねん!」
「ぃやぁあぁああ!!!どうしよう…サイコパスの素質がある…」
「いやいやいや、この答えを最初に『ペ』て答えるからサイコパスやねん。違う・違う、ゆぅて『ん~…サイコパスだったら~…』て考えて答えたらサイコパスじゃないねん」
「あぁ…よかった…凡人で。普通、サイコー!」

そんなこんなでフツーすぎる凡人がサイコパスに寄せてる片手間に作ったナムル→サイコパス・ナムル





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-11-05 23:34 | +knowing+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク