ハロウィンウィン2015

「いま絶賛ハロウィン中やんか?」
「そやな」
「どこもかしこもハロウィンやんか?」
「そだね」
「またアレやっとったで。ハロウィンの写真ブース」
「あぁ」

よく行くショッピングモールの雑貨屋さんが通路の中洲に設置する立体広告。
毎年恒例の『ハロウィン写真ブース』みたいなことになっているらしく、幼い子供たちが群がってそれを撮影する若い両親という構図だけど、我が家には幼い子供がいないので、童心冷めやらぬ40歳の母親を低身長に悩む18歳男児が激写している。(去年の模様→ハロウィンウィン2014)

ハロウィン特有のテンションとかでもなく、平常心で淡々とやっている。
イベントボルテージで言うと節分の恵方巻きまるかぶりと同等やね。

今年はコスプレ小物の損傷がヒドく、ハロウィングッズ絶賛発売中!の宣伝なのに売上に響くんじゃないかと心配になったほど。

「なんかマントちっちゃいなぁ子供用か…帽子でも被るか…」
「帽子破れてんで」
「これは帽子じゃなくて筒やな」
どうやら今年のチビッコたちは威勢のイイのが揃ってるぞ。
「ツノにするか…折れてるけど」
「もともと片方だけのツノなんちゃん?」
「いいや?折れたツノあるから証拠に持っとくわ」
ハロウィンが小ネタ集になってゆく予感がする。

d0137326_11561842.jpg

やったモン勝ちですからね、こうゆうことは。

恥ずかしいコトなどない。
恥ずかしいと思う自分がいるだけ。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-10-11 11:59 | +in much guy+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA