どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

就活

夏休み中、ヒー坊が通う高校の担任から電話があった。

ワルのひしめく多部制定時制高校で、90%超え登校率を誇る数少ない生徒であるはずのヒー坊が、夏休みの就職講座に姿を見せていない、と。
これまでちゃんと出席していたのにとうとうグレたかと、どうやらチェックの電話らしい。不良の兆しは若い芽のウチに摘んでおく、ん、若いのに良い指導者だ。
しかし心配なされるな。
先生がわざわざ電話をかけてくだすったその電話口の目の前で、ヒー坊は眠ってけつかった。非行に走る気配もなく、悪い仲間はおろか良い仲間を作ろうという気もさらさらなく、夏休みの殆どを自室に籠って過ごし、いつも通りひとりきりの夏がもう終わろうとしております。
「あぁ…そうでしたか…本人は…どうも忘れているようですね、すいません。行くように伝えておきます、わざわざありがとうございます」

障害者枠での就職をしようかどうか迷っているヒー坊は、ただいま週一のカウンセリングとは別にもうひとつ就職カウンセリングも受けている。
12年間、学校寡黙でしゃべらない日々を過ごしてきたので、自分のコミュニケーション能力の低さを自覚したのか、本当はずっと接客業をしたいと言ってきたのに、就職の希望を「工場勤務」と書いたようである。接客業アルバイトの面接に落ちた時に、工場勤務にしたらどうかと私が言ったからだろうか。面談で「私にはずっとスーパーのレジがしたいって言ってましたけど、希望が変わったんですねぇ」と言ったら先生が「接客業がしたいと思っているとは初めて聞きました」と驚いた。
そして心理士による就職カウンセリングでは「自分の可能性を自分で決めつけてはいけないよ」と諭された。

理解者が多くなる社会とは、なんと幸せなことなんだろう。
10年前には考えられない社会であった。10年前は何を言っても、助けを求めても、行政に訴えてもダメだった。ボーダーの子供たちはほっとかれていま高校生になった子たちが多いはずだ。それが10年前の社会であったのだ。そして自立する一歩を踏み出すこのタイミングで、ボーダーの子たちに救いの手が差し伸べられている。それが今の社会である。

自分の弟が発達障害だったから、自分が何かをするべきなんだと、社員を全て障害者で募集している社長がいる。
発達障害の特性を十分理解し、会社の中で適材適所に配置することで障害者と健常者がともに尊重し合える職場環境をつくっている会社がある。
数こそ多くはないが、理解者が居る会社があるということは、それが世の中に知られるきっかけになるということなのだ。
閉ざされた小さな世界はなかなか広がってはいかない。
だから、自分から出ていかないといけないのだ。
自ら。

自分の殻からまずは出て、それから社会に出て行くのに、一番に身につけるべきはユーモアだと私は思っている。ユーモア溢れる人間は誰彼ともなく愛されるひとなのだ。苦難に満ち満ちているのにユーモアで乗り切る姿には応援したい気持ちが湧く。
しゃべれなくてもいい、ユーモアがついつい漏れ出てしまうポジティブな人間であれば。



「はい。」

d0137326_16445203.jpg

就職講座の資料をヒー坊が見せる。
「何?私が知っとかなアカンことが書いてる?」
「見たほうがええんちゃう?」
「ドコよ?」
「見たらわかるわ」

d0137326_16451577.jpg

「企業側は、どのような人物を求めているのか」
ヒー坊が読み上げる。

d0137326_16453440.jpg
「企業は、社会性のある人物を入社させていと考えている」
入社させていのか?」
させてーねん」
「日本の企業もフザけたもんやなァ。アンタ入社していと考えて受けてみ?受かんで」
「楽勝やな」

我が子はコミュニケーションに少々の難がございますが、受かりていと考えております。





[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-09-02 16:51 | +in much guy+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク