ゆったりの船旅

「私、船を見送るって初めてなのよ。」
「そうなん?泣くかもよ、もの悲しくて。」
「ぃや~そんなカンジするわ~」
「紙テープ投げてやろうか?今も売ってんのかな紙テープって。何色がいい?黄色にしよっか?」
「やめてよ」
私が10代の時にはまだ船内に紙テープって売ってたけど。
環境に配慮して紙テープやってないかも。

兵庫に出て来る時は夜行列車だったし、緊急帰宅した時と初めての里帰りは飛行機で、むーも一緒に里帰りの時は陸で10時間かけて帰ったし、それ以外ではフェリーと、ありとあらゆる交通手段で宮崎帰郷を経験しているけど、なんたって船での別れが一番もの悲しいね。
一番あっさりしてんのが飛行機。搭乗口で「じゃぁね」つって終わりだからね。

「出港するまでまだ1時間もあるけど、見送るの?乗ったら甲板に出て手ぇ振るからさ、帰りなよ。食事するんやろ?」
「そうよねぇ…1時間立って待っとくのもねぇ…」

d0137326_18153397.jpg
甲板に立つ私にイネさんは電話をしてきた。
「騒音で何も聞こえないよー」
と言って電話を切る。
d0137326_18153611.jpg

イネさんは聞こえてるのか?船のエンジン音がうるさぁてうるさぁて。

d0137326_18153897.jpg

騒音の中、電話までかけてきて別れを惜しんだくせに、とっとと帰るイネさん。
どないやねんっ

我が家の夏のおつけもの『ナガミネ』の発祥、ナガミネさん。

d0137326_18164424.jpg

イネさんの元同僚の姐さんで、私も小さい時から交流のあるナガミネさん。
相変わらずクールね。チュアブルがウチに来て貪り喰っていたおつけものナガミネはこのクールな姐さんのレシピ。いやいや今回は白菜の甘酢漬けももーたけど、これもおいしい。とっっっっても簡単って言ってたからレシピ聞かないと。


「やっぱ都会ってカンジやな」
「それな。まったく景色違うしな」
宮崎港を出港してからの景色は、なんとな~く見える建物がちらほら、おおかたどこまでも続く遠い山並みってカンジ。
一方、一夜明けての神戸港。神戸の中でも一際『街のはずれにやってまいりました』という風情なのに、続く背の高い人工建造物。
宮崎市役所が横に長く噴水まで完備しているのに対し、神戸市役所は縦に長い。噴水はないけど花時計があるよ。この花時計で外国人にカツアゲされたので夜はなかなか注意が必要な場所だけど、昼間はキレイな花時計の前で待ち合わせなんかいかがでしょうか。
ま、カツアゲされたと言っても自分から「いくらいるの?」て聞いたんだけどね。19歳の私に外国製のタバコはいらないかと言ってきた自称船長は、電車賃が無いのでタバコを現金化するという行動に出た。いやいやいや、戦時中じゃあるまいし。もともと童顔ちっくなので外国人から見たら未成年に見えることは明らかだろうに、そんな私にタバコを売りつけようとするなんてよっぽど現金に困ってたんだね。

朝の7時半くらいに神戸港に着いて、そこから徒歩で10分ほど進むと見えてくる神戸市役所。その市役所前の信号待ちをしていると、ツアーガイドと思しき男性に「富士山登山ツアーではないですよね?」と声を掛けられる。
どうやら富士山登山ツアーへ行くバスが市役所前から出ている模様。朝の8時前に。ツアーってそんな朝から集合して行くもんなの?夜にゆったり出港して寝ている間に着いて朝、という船旅をしてきたばっかりの私は、朝も早よから旅に出る人アリか…と新発見である。でもいろんなツアーが朝も早よから市役所前に待機していた。市役所前集合ってのが多いのかな。

富士山登山ツアーではないですよねというのがツアーガイドの判断の素晴らしさである。私を見てそうでないとの判断をしながらも、最後の一人を待っている気持ちから念のため確認をしてみた次第、といったところ。

d0137326_18201434.jpg

カタカタを引きイカリスーパーの紙袋を下げこんなフザけた恰好で富士登山をする気でいたら、私は日本人として恥ずかしい。
誤解しないでいただきたいのは、富士登山を前提としてのこの出で立ちなら恥ずかしいというだけで、富士登山を抜けばとくに恥ずかしくはないんですけどね。
宮崎でこのサルエルパンツは酷評だったけど、ポケットが多くて深くて便利なんだもの。メンズだからぶっかぶかで、深いポケットに重いものバカスカ入れて歩いてると、気が付いたらケツ見えてるのがタマニキズ☆

神戸がマラソン発祥の地って知らなかった。

d0137326_18201654.jpg

発祥の地のわりにはマラソンの大会で神戸勢が強いってイメージないなァ私は。
しっかし石をさぁ…人型にくり抜くのって凄いよね。しかも5人だよ。しかもしかもいちいちポーズ違う。首の傾け具合とかのクセまで違う。フォームとしては一番右のひとがキレイだね。






[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-04-05 18:22 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

<< 皆さん、私は下戸なんですよ。 ちょーだーい >>