どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

退会出来ないシリーズ③

退会出来ないサイトが復旧した。
何事もなかったかのように。
とくにサイトからの不具合のお知らせメールなどは届いていない。
2日間ログイン出来ない状態なんてことが起こったら、私が会社のサイトを管理していた時なんてひとまずサイトトップのトピックでお知らせし、かつ調査の現状をメルマガで送り、復旧した暁にはサイトが見れないことすら知らない会員様にまでお詫びとともに復旧したことをお知らせし、その甲斐もむなしくご登録アドレスが現在使われていない状況によりエラーで返ってきたりしていたもんだけど『会員登録していただく』ことってこんなに意味合いが違うんだろうかショッピングサイトと投稿サイトでは。無料で会員登録させてやってる、くらいのカンジなのかな。
それとも一件も「ログイン出来ないんですけど」という問い合わせが利用者から来なかったということだろうか。
登録者数1名じゃないだろうな?それは私だが。

ざっと新規投稿の表示を見てみると、13名のユーザー名がある。当然この人たちはログインして投稿せねばならんので登録をしている。これで最低限14名の登録者がいることになる、私を含めて。だって私の退会届が受理されてないからね。ログイン出来てるからね。

8日9日の二日間にこの13名の投稿者はログインしなかったのだろうか。
現在進行形で記事を書いているのに。ひとによっては一日に2記事書いているという創作意欲の高いひとだっているのに。
私は去年末で現在進行形で書くのをやめているのに、このところ毎日ログインしていて8日も9日もログイン出来ないと騒いでいた。その騒いでいる内容が『退会届が送信出来ないじゃないか~!』というものだ。
何がしたいんだ、私は。しかも退会出来ないルポを書き綴りながらログイン出来ないルポまで書いた次第である。私の創作意欲は高いのだろうか、低いのだろうか。意欲の矛先が正しいのか正しくないのかは置いといて、なんしかパソコンの前に座りタイピンクしていたことだけは確かだ。ログイン出来ない、という報告の域を超えた長さで書いたさ。しかも『誰かログインしてみて』と宣伝活動までし、実際に20代のレオニーがログインまでしてくれた。他を巻き込んでのログイン騒動である。

1993年に起こった平成の米騒動では日本米を入手することが困難となった。もともと農家であった我が家では引退後も家用の米を作っていたので日本米に困ることはなかったが、私の周りでは確実に日本米が高騰している事実を聞いたし、平成の世に農家に米泥棒が出没するというアンビリーバボーなニュースが飛び交った。そのニュースを耳にする度に「ウチに余ってる古米を激安で売ろう、外国米よりよっぽどうまい」と言って闇米事業に着手しようとする兄を「そんなことしてたらロクな死に方しないよ」と小学生の弟が止めた。
友人からは米屋のだましのテクニックを聞いた。日本米の価格があがり、とても10キロという単位では買えない。高価な10キロの日本米の横に無色の袋に入れられた何の表示もない3キロ入りの米が販売されている。価格は若干お得。日本米かどうかを確認すると「まぁ、日本米ですよ」と言う。他に選択肢があるわけでなく3キロの「まぁ、日本米ですよ」を薄々アヤシイと思って買って帰ると、日本米の中からビニール包装された外国米が1キロ弱ほど出てきたのだそうだ。「まぁ日本米」とはこういう意味かと友人のオカンは感心した。そしてこういう風にして米を売らねばならない米屋さんも可愛そうに…と言うのである。これで大勢の客を逃がすだろうに、と。
一応の良心の呵責は見せての別包装。混ぜるのはさすがにあくどいという罪の意識はあったみたい、と当時高校生だった私と友人は盛り上がった。外国米は炊飯器で炊いてもそのままでは食べれたもんじゃないので、ずっとチャーハンだと嘆いていた。白米が苦手な私にとっては夢のような食卓なのに。
米騒動の時のみんなの反応と私の反応は違った。
ログイン騒動の時のみんなの反応と私の反応も違うみたいだ。
ええじゃないか。
ええじゃないか・ええじゃないか・よいよいよいよい。
さぁみんなも仮装して寄っといでぇ。

しれっと普通のログイン画面に戻っていることだし、今日は仕事が休みだったので張り切って退会届を送信した。これまでは一日一退会でやってたんだけど、ログイン騒動があったので今日は2回も退会届を送信しておいた。待ってましたと言わんばかりに。送信しなかった分のサービスで。
まことに勝手ながら臨時休業を3日続けた贔屓のラーメン屋がやっと店を開けたので、朝も昼も喰っちゃったよ~、という中毒性。私ったらそれに近い状態だということが判明。もっと違うことに時間を使ったらいいのにね。

d0137326_22541341.jpg

退会届を送信するのもかれこれ15回目。
これだけ退会届を送信してもなかなか受理してもらえないので、一度くらい懇願しておこう。

d0137326_22541642.jpg

おじさんが何かをダラダラと長く説明していると、ついには「…てのもアレなんで」つって特定出来ない「アレ」が多くなるが、なぜか通用する。
グダグダと話しを聞かされておそらく早く切り上げたい気持ちでいっぱいなのだと思う。私の退会届も早々に切り上げていただかないとアレなんで。

d0137326_22541943.jpg

アイドルがアイドルをやめる時の理由ではどうだろうか。
アイドルとしてトウが立ってかれこれ20年は超えたかと思うが。
アイドルの低年齢化はゆくゆく叩かれるタレント化を進める結果になってはいないか。早めに退かせるのが吉である。

d0137326_22554715.jpg

離婚原因のトドの詰まり。
あそこがイヤここが嫌いこう言ったああ言ったあの時はその時は。
許容範囲を超えた原因の数々は些細な事だったのかもしれないが、ぜんぶひっくるめても「合わなかった」ということなのだろう。
性格が一致する人間などこの世にひとりもいないと思う、肉親でさえ。
その合わないことそのものを許せないと、結婚生活は続かない。
結婚が続かないくらいだから、登録ももはや続かないのである。私はまだ離婚はしていないが。

d0137326_22554914.jpg

山一證券株式会社最後の社長が涙ながらに訴えた言葉を拝借。
何も悪くはない社員をどうか応援してやってくださいと涙ながらに。
私の退会もどうか応援してください。

d0137326_22555588.jpg

参加型イベントのスローガンちっく。
誰の心も夢に向かって進む時期というものがある。
生涯を通じ夢にしか向かっていないひとも多い。
私はいま退会という夢に向かって邁進している。
そこそこ険しい道のりの予感はするが。

d0137326_22563342.jpg

先生はトイレではありません、ちゃんと最後まで言いましょう。
そう諭された経験は誰にでもありますね。
先生、トイレに行ってもいいですか。
これだと普通の言い回しです。授業中であればトイレは休み時間に行きなさいと行かせてもらえない可能性もあるので、もっともっと切羽詰まった感じが出る言い回しを覚えましょう。
先生、どうかトイレに行かせてください。お願いですからいいと言ってください!
これで先生には、もう漏れかけている感じが伝わりますので、快くトイレに行かせてくれるはずです。
どうか退会させてください、お願いですから受理してください。
私の退会したい気持ちはジャージャー漏れ漏れです。

d0137326_22563493.jpg

あいにくの雨だと見合わせることが多いが『雨天決行』という過酷な状況でも見合わせない場合がある。予備日が取れていないイベント、雨でもやれてしまう室内行事、雨なのに決行せねばならない複雑な事情。
お足もとがお悪い中で、あいにくの雨の中を必死のパッチで行った場所ほど深く記憶に残るものはない。
あいにくの雨でもめげずに室内で退会届を送信し、そのルポを風雨のしのげる室内で必死のパッチで書いているこの瞬間を、私は決して忘れないと思う。
ちなみに、15時過ぎに買い物に出たら雪だった、あいにくの。

これは私の投稿した記事一覧。
d0137326_2257191.jpg

黄色いマーキングのある記事は、投稿日時そのままのその時に私が投稿したリジナルの記事で、矢印より下がオリジナル記事を再編集して退会出来ないルポに書き換えている記事。投稿日時とタイトル冒頭のジャンルを変更することは出来ない。私の投稿ジャンルは【文芸作品】か【記事】なので、退会出来ないシリーズのジャンルがこのままでいくと【20】は文芸作品なのにその続きである【21】と【22】が記事、そして【23】からまた文芸作品となる。だからといって、記事が記事っぽく書いてあったり、文芸作品が文芸作品ぽく書いてあるわけではなくて、ですますである調共存の蛇足たっぷりで書いてある。いつも通りに。

投稿してある作品は真面目に書いてもフザけて書いても300円均一。
例えば見えてる一覧の中で一番長い文章は『目次サスペンス』で、575文字原稿用紙換算枚数2枚。
d0137326_22573311.jpg

別に長けりゃイイってもんじゃないけど、目安としてやっぱり1枚よりは2枚のほうが値は張る。がしかし500文字でも100文字でも最低価格の300円。

ポイント換金システムの案件としてライティングが採用される時の相場がだいたい200文字で50円、300文字80円、1000文字200円。専門的知識が必要なくて単に商品の紹介やサイトの紹介文ではそのくらいが妥当な金額。しかし素人が書くとしても制限やルールはある。文字数制限や使ってはいけない単語、使わなければならない単語、文体や語尾の使い方に注意が必要な案件もある。もちろんコピペや他サイトからの引用などは厳しくチェックされるので一言一句オリジナリティが求められる。語彙力があり表現力がありその上で意図を理解した文章が量産出来なければ収入と言えるほどの金額にはならないのがライティングである。
これを踏まえまして。

退会出来ない【20】は238文字で原稿用紙換算枚数1枚であるが最高額の2500円。
d0137326_22573575.jpg

高けりゃイイってもんじゃないけど、目安として2枚300円の相場で売ってた文章を書く人間が1枚2500円で売り始めると、それはどうかしてるんだと思う。ただコレね、今は以前の投稿作品と退会出来ないルポが混在してるから300円の原稿と2500円の原稿の価格の比較が出来るけど、完全にルポだけになったらもう2500円でしか売ってないってコトになる。
退会出来ない【final】を書いてそれを300円に設定しなきゃいけないな。
「今日も退会はできません」で300円。
なかなかのヤカラ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2015-03-10 23:16 | +in the sky?+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク