退会出来ないシリーズ②

46回分の退会理由を揃えた。
「考えた」ではなく「揃えた」なのは、うち16の理由を私以外のひとが考えたから。
誰か考えてくんないかな~と言ってみたら他人様が考えてくれたんだけど、退会理由の説明文までは考えてくれなかったので、私がせっせと後付けの説明を考えている。
退会理由を考え無理からそのこじづけ説明を考えるのがすっかり日課になってしまった。48回退会しないといけないので、退会理由をひねり出すのもあと2コだな~と感慨にふけっていた矢先、とうとうサイトのログイン画面が出なくなってしまった。
…これは、退会出来たということなのか?
こんなに突如として退会出来るものなのだろうか?
今まで20回も送信して何も変化はなかったのに、急に?
…ん?
20回目で退会出来るシステムなのか?
これでは魔が差したひとじゃないと退会が出来ないではないか。
10回のコールで出ないな~と思って切った固定電話が実は20コールでアナウンスに切り替わる、くらいの知る人ぞ知るシステム。

今日もいないな~留守電にもならないな~と思って掛け続けた電話は、3回目くらいにちょうど魔が差す。いま電話が鳴ってる事に気が付いて~ほんで2階から降りて来てるとこかもしんないからもちょっとコールしとこ、とか、帰ってきたとこで『電話が鳴ってるー!はいはーい!』ちゅうて焦りながらいま玄関の鍵開けてるとこ、や、快便カイカイ怪物君は豪快に脱糞中につきあと10コールでお出になって電話に出るぞ、やなんかのシチュエーションを勝手に演出。あともうちょい、あと2回のコールで出る、などと粘って結局はそのコール音が自動的にアナウンスへ切り替わる。「あ。留守電になった」と思いメッセージを残そうとするとたいがい「ただいま近くにおりません。しばらくたってからお掛け直しください」と言われて冷たくブツッと切られてしまう。
魔が差した者だけが味わう後味の悪さ、仲が良いはずの相手の電話が私にとてもよそよそしい。じゃあねもまたねもない機械からの制裁。先週、近いうちにお茶しようねって言ったじゃないの。どうして?どうしてこんな電話を選んだの、アナタともあろうお方が。ねぇ、どうして。アナタなら不在メッセージは自分で録音するって信じていたのに。『拙者がいない時に電話を掛けてくるとはなんと間の悪いヤツ。何用じゃ、名を、名を名乗れ!』つって。

これが3月8日のログイン画面へアクセスした際の表示。
d0137326_2302476.jpg

そしてこれが9日、本日の表示。
d0137326_2302738.jpg

どうも『退会出来た』というニュアンスではない。
サイトがうっかり更新し忘れている、みたいなコトかな。
でもこのドメイン管理してるトコも表示されなくなったサイトも、同じGMOグループで管理体制って一緒だと思うけどなぁ…このライター登録サイトだけ期限切れにするほうが難しそうだけど。それともこのサイトだけ閉鎖かな。『サービスを終了します』みたいなお知らせは何もなかったけど。ばかりか1月から20回も退会の意思を告げまくっている私に対して3月3日の桃の節句には情報セキュリティーに詳しいライター募集のメールまで送信してきた。
私がやめると意思表示してから8回もライターの募集をお知らせしてくるのに、自分がやめる時には何のお知らせもして来ないなんてヒドいハナシである。それよりもなによりも、私を、退会届を書くのが日課になってしまうほどのオンナにしておきながら、こんなに突然に別れを告げる…いや告げてもいないな、何の前触れもなくポイ捨てするなんてヒドいハナシである。今どきタバコだってポイ捨てはされないってのに。

サイト自体がアクセス出来ない状態なのだろうな、と踏んでいるが、もしかしてこれが『退会が受理された』という状況なのだと仮定して、さらなる可能性を考えた。
退会すると宣言通り投稿作品の削除を行うのだが、作品のみを削除するなんて生易しいことはしない主義なのかもしれない。このサイトは一度退会をしてしまうと再登録することは出来ずアクセス拒否を個別に設定するほど徹底した削除をする。通信環境を変え、PCを買い替え、髪の毛を染め整形をし性別を変えて日本を離れないと、もうアクセスすることは出来ないのだ。それほどまでに『退会する』ということは厳しいペナルティを課される行為だろうか。…ま、単なる想像の世界なんだけども。

そんなわけで、もしかするともしかして想像の世界がホンマやったんか~い、というオチがあるかもしんないので、どなたかですね、下記サイトにアクセスしていただいてですね、私だけが拒否されてるんではない、ということを証明していただければと思います。
皆さんもお察しのこととは思いますがね、ライター募集のメールが届くわけですから、連絡先は知ってるんですよ。住所も電話番号もなんやったら担当者というスタッフの苗字まで。でもね、サイトが稼働している時に『お問合せ』からお問合せたお問合せにずっと返事をくれていない実績があるのにね、返事が来ると思います?普通は思いませんよね。
私にしてみたらライター募集のメールの連絡先に問い合わせるよりも、ココで書いたコトに対して誰かからの返事が来る、と待つことのほうがよっぽど現実味を帯びているわけです。どっちも確率的にはどっこいどっこいですけどね。

まずは、登録ページにアクセス!
登録ページ

スクロールするとこんな画面が出て来るので
d0137326_2303469.jpg

ライター登録サイトの矢印部分をクリック!
このドメインはお名前.comで管理されています。
登録期限日が過ぎています。

という画面が出ているかもしくは、下記のような画面が出る場合は私と同じ状況下にあってログイン画面にアクセス出来ていない状況です。
d0137326_230311.jpg


通常のログイン画面はこのようなカンジ。
d0137326_2303971.jpg

この画面が表示されたとういう報告があろうものなら、私だけがブロックされていると思わざるを得ない状況ですね。
さて、皆さんはいかがですか。
私は、整形をする気も性転換する気もございませんので、この現状を無事に退会出来たものと思って、これから無料の映画でも観たいと思います。
赤の他人が私のためにわざわざ退会理由を考えてくれたのに、それを送信出来なかったことだけが心残りです。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-03-09 23:28 | +in the sky?+ | Comments(0)  

<< 退会出来ないシリーズ③ 退会出来ないシリーズ① >>