シーのミルクでオイスター

海のミルク牡蠣

牡蠣は海で牡蠣として立派にやっているわけで、海でミルクの代わりを担わされるとは思ってもなかっただろうけども、こうゆう表現ってよく耳にする。

海というシャバシャバの中にミルクというシャバシャバが存在できるわけないんだけど、畑という土から何らかの肉がニョキニョキ生えてるわけないんだけど、酪農業のミルクは水産業の牡蠣に匹敵します、とか、食肉にあたるものが農作物では大豆になります、とか当たり前にサラっと言ってもガツンとこないので『海のミルク、牡蠣!』『畑の肉、大豆!』つってカッコ良くキめてんだと思う。

体言止めで短く効果的に記憶に残る。
この方式を今後の辞書で採用してはいかがだろうか。
日本語力向上のカギはフレーズ記憶術から。

病気のフリ、仮病!

椅子の相棒、机!

暇人の癖、道草!

[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2015-02-09 08:42 | +cool down run+ | Comments(0)  

<< 絶好調ドモラルチョ 兼ねまして >>