どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

よねのやの

関西でだんごと言えばみたらしだんごが主流であるが、宮崎県日向市「はせがわだんご」に青春を捧げた私はしょうゆだんごが好きである。あま辛~いしょうゆを二度三度も重ね塗りしたおしょうゆのだんご。

関西スーパーの一角に陣取るよねのやだんごのテーマソングは大音量。関西スーパーで流れる♪ランランランランくらし良好♪の曲を食い殺す音量である。しかもしかもご丁寧に入口付近店舗の壁上部にはモニターを設置し、歌詞を表示させるという画期的なシステムを導入。その場カラオケ対応サービス。
d0137326_17403871.jpg

入ったそばからもう客の耳には♪だんごだんごだんごよねのやのだんごだよ~♪
しか入らない。私なんてだんごを買いに行こうと自宅の自転車のスタンドをガッシャンとした時点で♪よねのやのだんごだよ~♪と歌っている。まだ着いてもいないのに。

しかし私は根性があるので、関西スーパーに着いたら、よねのやテーマソングに負けている生活良好テーマソングのほうを拾って頑張って歌う。

らん・らん・らん・らん♪くらしりょ~こ~♪いっつでもかっつでもくらしりょ~こぉ~~~♪
「そんな歌詞ちゃうやん」
(※正しい歌詞:いつでもかつでも生活良好→ぼくんちいつでも生活良好)
「こんだけ頻繁に来てたらいつでもかつでもやないか」
いつでもはわかるけどかつでもって何よ?」
かつでもに意味はない」
強調表現の後半って意味はないよね。どうでもこうでもこうでもしかり、やたらめったらめったらしかり。しっちゃかめっちゃかに至ってはめっちゃかどころかしっちゃかの意味さえわからない。まさしく、しっちゃかめっちゃか。

d0137326_17423167.jpg

よねのやだんごはもちもち食感
d0137326_17423735.jpg

口に広がる香ばしさ~

「香ばしい」の許容範囲が広いのがタマニキズ。
d0137326_17431637.jpg

私の感覚ではコレは「焦げている」状態である。
d0137326_17444751.jpg

しょうゆだんごには海苔が漏れなくついてくる。
これも「なくていい」派である、私は。

よねのやテーマソングの歌詞の中に♪冷めてもおいしいのがうれしいね♪というフレーズがある。

食堂を営んでいた祖父母の家に入り浸り、焼いてとねだって作ってもらう祖父特製の「しんこだんご」甘辛いしょうゆのだんご。祖父母は小林市に住んでいて方言も食べ物も鹿児島の影響をすごく受けている。桜島が噴火するとヘも降る。「へ」とは火山灰のこと。
しんこだんごは鹿児島のおやつで、私にとっては買っただんごではなく祖父が作ってくれるのが「しんこだんご」なのだ。売れば1本180円はカタいほど激ウマのだんごであるが、決して売り物ではない。

というのも、とにかく待たされるのである、祖父のしんこだんごは。まず懇意にしている粉屋があって、そこのだんご粉しか使わないというこだわりよう。幼い孫が泣こうが喚こうが、絶対にそこのだんご粉じゃないと練らない。かわいい孫がちょっとマズくなってもいいからと妥協案をふっかけようが、絶対にそこのだんご粉じゃないと捏ねくり回さないのである。だから粉屋が閉まっていたらだんごを作らない。開いていてもだんご粉が売り切れていたらだんごは作らない。私の欲しがるしんこだんごは粉屋次第ということなのだ。祖父は私がしんこだんごと言えばいつでも行動に移してくれたが、なんしか粉屋がネックで「作らない」日になることが度々あった。最長で3日も粉の入荷を待った時がある。

だんごを茹で串に刺す作業は私も手伝う。しんこだんごは6コ。串に刺さる最大数が6コ。頑張って7コ刺しても端っこの1コに焼き目が付かず失敗するので6コ。市販されているどのだんごを見ても最大5コだと思うが、祖父のしんこだんごは6コ。どうだろう、この1コおまけしている心憎い演出。網で焼き目をつけながらあま辛~いしょうゆダレを塗る作業からは祖父の職人技。6コでもちゃんと全てに焼き目が付く職人のウデ。一度目の塗りで既に部屋中がしんこだんごの香ばしさ~~~~♪

焼き立てを一本もらおうと台所へ行くと、祖父が手の甲を私に向け、指先をチョンチョンと払い、こう言う。
「シッシッ」
急に台所、女人禁制。
だんごが全て焼き上がり、皿に盛られて台所のテーブルに置かれても、私が行こうとするとまたも指先を払いながら祖父が言う。
「シッシッ」

粉の入荷に3日も待たされ、焼きあがってもまた待たされる、それがしんこだんご。焼きあがっただんごを目の前にしてヨダレを垂らし垂らし待たねばならない理由は「焼き立てのだんご」がおいしくないからである。祖父のGOサインが出るまでだんごは食べられない。完全に冷めるまで待たされる。
焼き立てのだんごは粉っぽくしょうゆがトゲトゲしい。
冷めただんごはしょうゆが馴染んで格別。
粉にこだわった祖父のしんこだんごは後味がほのかに甘い。

これでおわかりであろう。
昨今の「焼き立て」「出来立て」を重宝する国民のニーズに流されて、とうとうだんご業界が「焼き立て」を宣伝するようになったが、♪冷めてもおいしいのがうれしいね♪はだんご業界の悲痛な叫びなんである。
いいか国民よ、だんごと卵焼きは『冷めているからこそおいしい』のである。

「コレ、作り置きでしょ。焼き立てのほうをちょうだい」
なんてクチが裂けても言ってはならないのである、おいしいだんごが食べたいのならば。

しかし国民はよっぽど「あっつあつの出来立てだんご」を所望しているようで、三宮の高架下のだんご屋さんに寄った時、私はスタッフにこう言われた。
「あともう少しで焼き立てが出来上がりますが、そちらにしましょうか?」
客のニーズに応えたそのサービス精神がこの言葉を言わせたらしい言い回し「焼き立てのほうにしましょうか?」に私は即答した。

「いいえ、完全に冷めただんごのほうをいただきます。」

スタッフは「よくご存知ですね」と言って褒めてくれました。
冷めただんごはおいしいだけでなくだんご通を気取れることが判明しましたので、だんごを購入する際には「冷めたほうをください」と自分から言うことをオススメします。
アツアツを食べたいと言ったら、ド素人よ。

では団子都々逸とまいりましょう。

焼きゃぁアツアツ
団子と夫婦
冷めたくらいが
ちょうどいい

[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-11-30 18:27 | +in the sky?+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク