大ニッポン帝国むーツーリストの週末チープ観光

ひとは人生の折り返し地点を迎えると急に『いつ死ぬかわからん』という心持ちになるものであろうか。
風邪ひとつひきやしないむーがこの頃、無性に健康的な外出をしたがる。
酒を呑むかギャンブルに走るかほぼその二択しかない不健康な趣味で休日をまわしていたむーが、生きているウチにいろんな場所に行くのだと言い始めた。
どうやら『死期が近い』という迷夢に落ちたようである。

そう。健康なひとほどローコストで死を迎える傾向にあることを、これまでの経験でいくつ見てきただろう。昨日まで元気だったひとが、あっさりとウソみたいにポックリと逝く。大往生すぎて、あんな風に死ねたらイイなと皆に思わせる。
私のように難病を患い月に2回せっせと大学病院まで通っているようなヤツほど、金を使ってズルズルと生き延びてしまう。日々進歩しちゃってる医療ってね、費用が嵩むよね。
そう。どう考えても死にそうになっているのは私のほうなのに、健康なむーのお出掛けが週末の度に発表され、私は痛みと戦いながら参加するのである。

というのも、大ニッポン帝国むーツーリストの週末チープ観光は、非常にハードな弾丸ツアーなんである。
見どころがありすぎて時間がないのよ、いつもいつも。むー添乗員は必ずこの言葉を吐く。
「ココでそんなんしてるヒマないでー」
あぁ忙しない忙しない。
だからホンマはいろんな段階を踏んで最終目的地に到着、みたいなことなんだけど、ゆっくりしてるヒマないから、いろいろ飛ばしてる。

目的地は五月山動物園。
に、行くまでには等身大ナイチンゲール像を拝んだり、ビリケンさんを撫でたりもする。
d0137326_16521589.jpg

そして、ちょっと見ても知識がないとわからないカンジの石も見る。
d0137326_16521991.jpg

これが後の世で井戸の研究をするひとによって必要不可欠な資料となることはないと思うけれど、平成18年の工事中に発見された井戸の石と写真を撮ろうと思った一般人が居た事を忘れてはならないと思います。池田市民ではなく伊丹市民だけども、この石の硬さは乗って確かめました。

「50円やで~自販機」
d0137326_16522353.jpg

「どうせ飲みたい種類のジュースなんかナイんやって~…あ。あった。私このコーヒーと~あとお茶~」
「・・・」
「?買ってよ?」
「あ、俺?」
「小銭入れ重いって言ってたやんか、買ってよ」
「ふたつも?」
「弾丸ツアー過ぎて疲れた~あと団子も買って~コーヒーはいま飲む用~お茶は団子食べる時用~」
「しゃ~ないなぁ~」
…言ってみるもんやな。『弾丸ツアー過ぎて疲れた』を繰り出せば何でも買ってもらえんちゃうか。
「あとブーツも買ってよ~弾丸ツアー過ぎて疲れた~足いた~い」
「ブーツ?いくらすんの?」
「5000円くらいかな」
「そら無理やな」
「ちっ」
弾丸ツアー、ジュースと団子は無料で付いてきますが、ブーツはオプションです。

いろいろ飛ばして五月山動物園に到着。
d0137326_16522635.jpg

アーチの字体からもわかるようにチビッコ対象の動物園という雰囲気がしています。
むーツーリストの目玉はチープなツアーなので旅費をグっと抑えて行動力と参加者本人の体力でカバー。
五月山動物園は家計に優しい入場無料。
d0137326_1655185.jpg

イベントはスージーのマジック。
d0137326_1655585.jpg

これが、スージー。
若いお姉さんだよ、アイドルみたい。
d0137326_1655738.jpg

ちなみにこれは、山崎パンのスージーちゃん。

『ミニブタ♡ヤギショ~』という抜け感のあるショ~にわくわくするー
d0137326_16573067.jpg

ブタは飛ばしてヤギのショ~
d0137326_16573658.jpg

背中に乗るのが得意やの~

d0137326_16574010.jpg

「オークン、て何だろう?きーたことないなぁオークンていう動物?アレが?」
d0137326_16581931.jpg

「いやいやいや、思いっきりアルパカやないか」
「アルパカなん?アレ?じゃこのオークンて何よ?」
「オークンていう名前やないか」
「名前付いてんのっ???いちいち???」
「そりゃぁ…付けとるやろぉ…」
だって動物園やで?ペットはあるまいしさぁ…。王子動物園なんて国賓級のパンダと王子公園で生まれたゾウにこそ名前が付いてたくらいで、マンドリルとかエミューとかキリンとかシマウマにはいちいち付いてなかったと思うけどなァ…。フラミンゴに名前付いてたって識別出来るわけないし、あんなに群れてて。

どうやら五月山動物園は、全ての動物に名前を付けられる規模のようです。
d0137326_16582346.jpg

ううむ…顔で見分けるのだろうか…ツノかな…性格か?
d0137326_16582773.jpg

パ…パンチ?

自分で予告をするポニー。
d0137326_16591819.jpg

注意というより、宣言に読める。
d0137326_1701962.jpg

しかも噛むことへの因果関係もちゃんと宣言。
甘噛みとかじゃないよ。
エサと間違ってんだからね、気持ちは咀嚼だよ、噛み砕くよ。

ふれあいコーナーではチビッコたちがいろんな動物に触る。
その中でダイの大人である私も、陸ガメを触ったりうさぎを触ったりするのだけど、ワンフロアの中でニワトリだけスルーするってのもどうかと思い、致し方なく柵ごしにチロっと触る。
d0137326_171469.jpg

我が里の父親の職業はブロイラー業ですんでね、ニワトリはもぅイヤってほど触ったつーかなんつーか。ちみたちには衝撃が強かろうとて文字には出来ないけど、生きた状態からつぶせるっつーかなんつーか。

d0137326_1712264.jpg

いかにも作りモンの岩のトンネル、何だろう。
d0137326_1715153.jpg

さんびきやぎのがらがらどん…ううむ、きーたことある。
d0137326_1721477.jpg

でも、ヤギになってどう遊ぶかは記憶にない。
調べたら北欧のお話で「がらがらどん」という名前の3匹のヤギがいる。
3匹もいるのに名前が全部「がらがらどん」なのよ。
五月山動物園のヒツジは4頭すべてに違う名前を付けて個体識別をしていたというのに、北欧は3匹とも名前は一緒。おおらかっつーかなんつーか。個体識別は大きさでするみたい。大中小のがらがらどん。大きくなるだろう、やがて。識別が難しくなってくるだろう、のちのち。

「弾丸ツアーやから疲れた~パン買って~」
「どれ?」
イけるもんやな。弾丸ツアー無料でパンも付いてきます。
d0137326_1723170.jpg

ビルの窓に反射している空が、素晴らしく空なこと。
昔、まだカメラがフィルムだった頃インスタントカメラの残り数枚の使い道に困って青空を撮りそれを栞にしていたんだけどその時に『雲一つない青空』というのは写真にした時には何が何だかわかんない写真になる、ということを知った。
空を写真にする時ってね、雲の分量が決め手。

d0137326_1724798.jpg

池田市のゆるキャラは、ファミリーです。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-10-20 17:21 | +朝臣寺+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA