そうだ、京都へ行こう。

急に。
前日に。
むーが京都へ行こうと言う。
私には1ヶ月も前から予定が入っているというのに。

まァその予定のほうが、行くのを迷っていた気持ちもあったので、そうか、京都へ行くか。
と、いうわけでいいなり京都へはんなり。

ハイではこれから、まったく目的も行先もわからない、むーの頭の中でだけプランが進んでいる京都観光を行います。
d0137326_9382184.jpg

嵐山スタートでーす。

川を眺めながら台風の影響について語らっているとむー添乗員から命が下る。
d0137326_9384254.jpg

「こんなとこでのんびりしてる暇ないで」
なんか、いろいろハイスピードで観光するみたい。
怒涛のごとき弾丸ツアー。
d0137326_939634.jpg

渡月橋をとっとと渡る。

なんだろね、これは。
d0137326_9403646.jpg

電気・電波のまもり神らしいよ。
d0137326_9405480.jpg

「私、それちょっと飛ばすからさ。ヒー坊、うちの無線LANがよく飛ぶように拝んどいて~」
弾丸ツアーだからさ、いろいろ合理的に進めないとさ。
d0137326_955502.jpg

この御手洗いの文字は部分的な箇所を知識で補ってください。

はい金閣寺こと鹿苑寺ねー何回も見てるよねー。
d0137326_9362372.jpg

はい池の水は金閣寺が反射するようにわざと汚いねよーわかってるよねー。
こんなにウソくさい金ピカな建物なのに何事もないように飛ばしてスイスイ進む。
「コレやぁ城やからまだ金ピカやな~てなモンで済むけど、普通の家やと考えたらえらい悪趣味やで」
「それなー」
感想も飛ばし気味。

元気そうに見えるけれども、かなりお疲れ弾丸ツアー。
d0137326_934629.jpg

どうしてこのようなポーズで座るのか。
d0137326_9333668.jpg

それは、この岩が高貴な人のための腰掛け石だから。
d0137326_1025950.jpg

貴人だろうが飛ばす飛ばす。
ハイ、次行くで~。
あ、その前に。
この写真にある私の履物をよ~く覚えておいてください。
サンダルね、サンダル。

願い事がかなう石。
神社仏閣は何かっつっちゃー石や岩。
巨木ってのも、あるよね。
d0137326_9311211.jpg

願い事がはっきりあるって、いいよね。
d0137326_9311612.jpg

身近な目標とか達成すべき何かがあるって、恵まれてる。
「私…とくにこれといって願い事ないんやけど…」
と石を撫でていると、むーが私の代わりに言う。
d0137326_931897.jpg

「お腹イタが治りますようにー」
「そんなくだらん事なんか祈ってないわい」
d0137326_931422.jpg

「あー…お腹イタって、脾臓の事ね」
それは、それは。
難病サルコイドーシスをまるで昨日喰ったゆでたまごがあたった腹痛みたいに言うのね、お腹イタ。10年は持病として飼い慣らす覚悟をもうしてるから、治ることなんて期待せずにゆっくりやるわ。いいのよ、悪化さえしなければ。

「はい、次、どっち行きたい?」
「あーあっこに銅像あるやん、アレと同じポーズやろ~っと」
「あんな銅像なんか見るんか?」
「見る見るーあの人だって見てるやーん。何やろな、あの侍の群れ」
d0137326_9301270.jpg

ほぼ知らない侍。
『西向く侍』は2.4.6.9.11月が30日までの月ってコトを表しますが、『見知らぬ侍』はそんな事、知ったこっちゃぁございません。
ちなみに、写真の侍の立っている人物は坂本龍馬です。
「コレ、坂本龍馬やねんてー」
♪さ~かもと、りょーまっ♪
「残念なフレーズに乗せなさんな」
わかる人にはわかると思いますが♪ニ~コニコ動画♪に乗せて歌うと、坂本龍馬がとても軽いです、歌わないようにしましょう。

学問の神様、天満宮。
d0137326_9292464.jpg

えまをかくところ。
何だろうな…学問の神様なのにこの学の無い場所紹介。
d0137326_9293535.jpg

「うわっヤバい間違うとこやった…」
京都大学合格祈願という画数の多い文字が書けて、それよりも画数の少ない氏名が書けて、小学生レベルの3画、18才の『才』を書き損じそうになる京都大学受験志望者。
「この絵馬を見た人がさ~『バカと天才は紙一重って言うけどさ~この京都大学を受験するヤツ、バカのほうやな~』とか言うで」
失敗しそうになったのをなんとかリカバーして失敗と思わせないように誤魔化すチョモ。どっちなんだろう、天才だろうか。センター試験や京大模試が全然ダメだって言ってたのに、それでも頑なに京大受験をしたいと思い続けるバカなんだろうか。その結果は、春に出る。

どう協力したらいいのだろうか。
d0137326_9271917.jpg

すがすがしくすることに協力するなんて、斜に構えている私に出来ることなのだろうか。
…前向きに検討さしていただくことにして…まァ
d0137326_9272873.jpg

清めの社か…うん、これはすがすがしい。
これにしよう。
d0137326_927247.jpg

すがすがしくない情報が出回っているような気もするけど、本来の参拝の目的はすがすがしいから、まァいっか。
d0137326_9273237.jpg

待ち受け画面にしたい方はご一報ください。
このブログの画像は勝手に名前を付けて保存することは出来ませんので、メールに添付して差し上げます。

最後の到着地もまた嵐山。
d0137326_9263726.jpg

嵐山の駅構内には癒しのスポットがございますが、それは何でしょうか。
d0137326_9263381.jpg

ちょっとぬるめです。

嵐山には『嵐』と書かれたリストバンドが売っていて、そのPOPに嵐カラーが揃っているから嵐ファンは必見だと書かれてあったけど、この嵐は、ジャニーズの嵐ではなくて嵐山の嵐だと思うのですが、いかがでしょうか。嵐ファンはそれでもいいのでしょうか。ファン心理とはそうゆうものでしょうか。
でも、芸能神社で芸能人の名前が書かれた朱塗りの玉垣と一緒に写真を撮っていたお嬢さんがいたもんなぁ…きっとファンなんだよ、EXILEの。
これかファン心理!と思ったものね。だって名前だけなのに、だもんね。それも書いたのは神主さんだし、その玉垣は奉納料一万円を払ったという証なだけで、コレが歌ったり踊ったりという芸は見せてくれない。
それを知らないわけでないのに、それでも玉垣の名前と写真を撮るということは、もぅその人の全てが好きなんだと思う。そんな風にそこまで夢中になれるのっていいなァと思う。愛が深いっつーか一途な想いっつーか。私はどっかで何かを踏み外しているような気がするなァ。

そんな私は、京都の石畳も踏み外す。
「わ~滑った~」
「アンタ受験生やのに真っ先にスベったとかよく言えるよな~…わーっ滑ったぁあああ~」
「な?滑るやろ?」
その後もバンバン滑った私たちは、とても足が疲れました。
私なんてサンダルの鼻緒が切れてしまうまでつまづきまくり。
しかし運の良いことに途中で激安の下駄980円を購入していたので、下駄に履き替え万事オーケー。
行きと帰りで履物を変えるというハリウッド女優顔負けのチェンジっぷりです。
覚えていますか、貴人の腰掛け岩のトコではサンダルだったのを。
4時間前とは違うわ、違うのよ。
d0137326_926628.jpg

芸能関係の仕事に就いてはいませんが、芸能神社に参った効果がこうも早くに出るなんて、しかもそれが足元だけだなんて、寺で雅楽の演奏をやってた曾じぃちゃんがきーたら泣いて喜ぶと思います。運しかないなオマエは、ちゅうて。
d0137326_923506.jpg

ビバ・嵐山。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-09-16 10:12 | +朝臣寺+ | Comments(0)  

<< 笑道入門サル治療:鎮痛本番 せつこぉお~ >>