どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

七夕さま

雨ですねぇ。おかげで内臓の神経が痛みます。
七夕の願い事はね、手習いの上達や無病息災を願うわけですよ。
だからね、私自身も含め患者仲間皆々様の病状回復や現状好転を念じた今日ですけどもね、残念ながら朝っぱらから絶不調です。
私は左脇腹全体に激痛が走りますが、一体ナニが痛いんでしょうか。
脾臓はもう小さくなっていて病状も悪化はしていないのに、痛いってナニ。
もうほとほとウンザリしていますが、この『痛いってナニ』を明日の外来日に主治医に訴えても、きっと納得する答えは得られないんだろうから、冷淡な対応の呼吸器内科はもぅねササーーーと済ますよ。怖いペインの先生もツツーーーと済ますさ。病院行くだけで気が滅入るからね。あぁ呼吸器外科の密売先生が恋しい。「頑張ろうな」つって最後に握手を求めて来る密売先生。呼吸器外科の先生たちは人間味があるもんなぁ。病院に行くのが楽しみになるけど、今はただただ苦痛さ。

七夕さまのこの良き日に、私が健康を祈ってるそばからイソイソと入院している山ヤンや、既に入院してバナナオーレを嗜んでいるハルミちゃんから、『明日来る~ん?』というメールが届く。超元気なフリして行ったんねん。

サル2年生である私の病気『サルコイドーシス』は、ドコに病変があるかで『ナニ』サルコイドーシス、となる活用形。肉の塊がドコに出来ててドコが悪いかってコトね。一番多いのが肺と眼。心臓に出来ていれば『心サルコイドーシス』と『心』の冠が付くわけ。私は『脾サルコイドーシス』脾臓だから。

治療なしの経過観察で2~5年で自然に治るから、私は治療を始めたわけでまぁ5年は患うだろう、と予想し、その2年目に入ったわけであと4年は闘病かなぁ、と覚悟。入院中に、病変が脾臓でしかもココまでの痛みを伴うのは稀、という説明だったので長めにみてもこれから5年、てトコを目安にしてたら、サルコイドーシスを調べたらしいヒー坊が残念なお知らせをしてきた。

「まぅってサル2年生やんか~。肺と眼のひとでサル13年生やって~」
「ながっ!!!13年生?!やめてよ~だいぶ留年しとるやんけ~」
「サル10年生ってひともいるで」
「二桁記録を樹立しんといて~センパ~イ頼んまっせ~!肺と眼って再発を繰り返しての13年かなぁ…ステロイド13年…骨ボロボロやで…」

無病息災・無病息災。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-07-07 23:48 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク