求人ホウレン草

チキンクリスプを買ってと頼まれたのでマクドで『チキンクリスプ2つ持ち帰りで』と言って注文をした。
平日だし全然混んでなくて私の前におばちゃんがひとりで私の後ろはいない状況。
んでおばちゃんは店内飲食だったから待っているのは私のみ。
チキンクリスプが出来るのをレジの横っちょんトコで立って待っていたの。
フツーに立って待っていただけなのにすぐに奥から店長みたいなひとがファイルを広げながらやって来て私に「原田様でしょうか」と低姿勢で訊く。
違うから「いいえ」と答えたら、よけいに慌ててファイル繰り繰り「すいません…商品が入っていなかったということでしょうか…」
どうやらファイルはクレーム一覧で、未対応案件の中のクレーマーが来店し、それが私だと思った店長、ということであるらしい。
「チキンクリスプ2個を待っているだけですよ」と教えてあげたけど、それにしてもヒドいわ人を見た目で判断するなんて。そんなに人相悪いのかな~ショックやわ~確かに体調悪めやからムクんでるけどやなぁ~ただの善良な客やっちゅうねん~ひとっことも文句垂れてぇへんゆぅねん。

こんな事があると世の中って甘いのかなぁと思う。
ただの客をクレーマーと勘違いしてもいいんだな、と思うと病気の私にでも出来る仕事があるような気がしてくる。
テレビでは西宮の47歳の議員がワンワン号泣していたが、とうとう泣き続けられなかったらしく寒いショーは終わり、どっと冷え込んで私は長袖を着たさ。雨の日はとくに痛みが酷くて病床に伏しているのだが、コレを見せられた日にゃぁ世の中これでイイのかと思えてくる。このひとの戦法で「うゎ~ん!いた~い!」と言っても十分許してもらえる、という世の中に思えてくるから日本って平和だな。

事実、痛いのさえ我慢出来れば私は泣くこともなく働けることは働けると思う。
泣かないだけ号泣議員よりもまだマシに仕事をすると思う。
ただコレねぇ…私だから「あ・イテ」つって横になって凌げる痛みなだけで、通常の腹イタなんかへでもないくらい痛いからね。
救急車で運ばれて劇薬を注射しなきゃ治まらない痛みを知ってるから『それに比べれば』と思えるだけで、痛みとしてはやってられないくらいは、あるのよね。痛んでる間は何も手につかないの、じーっと待つ。長いと30分ほどじーっと待っていい仕事、なんかないかいな。


「9月まで猶予やるわ」
「は?」
「それまでには仕事みつけろよ」
スーパーのレジなどの仕事を週に2日しろとむーが言う。
チョモの大学にお金がかかるから。
思うにチョモも大学生ともなればもう大人。バイトをして学費くらい自分で稼ぐべきではないだろうか。実家を出て一人暮らしをするために京大を受験するとほざいていて、その生活費はバイトで稼ぐとも言っていた。どうぞ出来るものならやってください、と私は言っている。やるそうだからやらせたらいい。

「おい、若いの。ウチの家計を助けてはくれんか」
布団の上で痛みに耐えているその横で、ウチの若き働き手若干17歳のヒー坊が登校前の時間で余裕こいてネットサーフィン。多部制定時制高校のⅠ部に通っているヒー坊は、学校が生徒のアルバイトを絶賛オススメ中である。15時ちょい過ぎくらいには帰宅し、時間もおおいに余っている。
「学校から直接バイトに行けば15時から働けるよね、21時まで。6時間。そんだけバイトしてくれたら10万はイけんじゃない?半分の5万アンタのもの。スマホ買えるで、どう?」
そう言ってみたら、ネットで事務系バイトを探している私にとうとうこう言った。
「まぅがバイト探すついでにボクのも探しといて~」

ヒー坊は黙々とチマチマとやる作業が向いているから、そうゆう求人を探していると、おにぎり工場でおにぎりを作る人を20名募集している求人を見つけた。ヒー坊に向いている。向いているが、本当に20名も採用する気なのだろうか。
「おにぎり工場でおにぎり作る人を20名やで?受かりそうじゃない?ホンマに20名採るんやったら。けど、20人も要るかなぁ?おにぎり作る人?そんな人件費かけるほどのことでもないんじゃないの?おにぎりやったら5人でも多いって感じ」
すると、20人の流れ作業でおにぎりをにぎっているから20名募集しているのだと説くヒー坊。
20工程分のおにぎり流れ作業。
考えてみよう。
海苔→ごはん→具→ごはん→包む→箱詰→検品→出荷。
ダメだ8名で事足りてしまう…もっと細分化しないと。
海苔→塩→ごはん→梅…ダメだどう考えても海苔かごはんの人が塩振ったほうがよっぽど早い。
すると、お昼休み中もおにぎりを休む事無くにぎるため交代制で20名、と説くヒー坊。
「前から働いてる人はいないの?新人20名の交代制で回すの?オープニングスタッフの20名なの?まぁ…おにぎりだから…ポッと出の新人でもにぎれるっちゃーにぎれるけど…」
ポッと出の新人20名を前に、ちょっとおでこが広めになってきた主任が言うのである。
「はい皆さんね~これから皆さんには黙々とおにぎりをにぎっていただきますが、今からこの【図解おにぎりが出来るまで】のラミネート版をお配りします。コレを見た通りにやっていただきましたら我が社のおいしいおにぎりが出来ますのでね、難しい事は何もありません。では、スタート!」
説明文のないおりがみの折り方図のようなおにぎりマニュアルを見つつ、各自おにぎりをにぎる。最初は主任の指導付き。「具はそれぞれ好きに入れていいですが、うめが多くなる傾向にありますので意識的にこんぶやおかかを入れてみてくださいね」なんとな~くシャケにしたりすると、主任が無言で肩をポンポンと叩いてくれる。正解なのか…不正解なのか…わからぬままシャケにする人がチラホラいる。新人教育中に群を抜いて手先が器用な人がいると『焼き海苔を炙る』という仕事に抜擢される。その人は炙り終わったら箱詰作業に移り、具の均等を管理したりなんかする。「ツナが足りてないので前から3番目までの人は今からツナでーす!」工場にバイトリーダーの指示が飛ぶ。新人だけで回るもんだな。

「早番の10名に遅番の10名か…それにしたって10名も要るかなぁ?」
「休みも交代で取るから」
「フル稼働さしとくのね。毎日ひとりは休むから9名・9名で回すのか…5名・5名でも十分そうだけどなぁ…おにぎりばっかりそんなに需要もないやろぉ」

d0137326_15542018.jpg
いぃや二千個の発注が来たら、20名要るかな。
いやいやその前に『この発注数で間違いないですか』ていう電話一本でいろんな事が未然に防げるような気がする。
ホウレンソウ・報連相。
報告・連絡・相談しようよ、取引先とも。




[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-07-03 16:01 | +in the sky?+ | Comments(0)  

<< ジュース取ってネ あなたの前向きはいかほどですか >>