はしかすうどん

ご飯よりもうどんを主食にしたいくらいうどんが好きなんだけど、私はうどんにコシなんて必要ないと思っている派である。
だから間違っても讃岐うどん派ではない。
かといってだんぜん何派!というのはない。
だって、コシのないやわやわふにゃふにゃが売りのナントカうどん、てのがないからね。
ツユもコシもない『伊勢うどん』派でもないし。
普通にツユにつかっているきつねうどん、ネギたっぷり。
それで麺がやわやわふにゃふにゃ。
なかなかそんなうどんを出す店はないので、自宅でうどんを食べる時にはこれでもかと麺を茹で、のばしにのばしている。
店なんかでは食べることの出来ないうどん。
売っていないうどん。

私には子供の時から食べてみたいと思っている幻のうどんがある。
それを、食欲のなくなった今、本当に作ってしまおうかと思い始めた。
根気さえあれば、その気にさえなれば、作ってしまえる幻のうどん。

あのね、うどん食べてると『はしきれ』みたいなうどんが混入してる時、あるじゃない。
薄くてペラペラでまぁまぁ長いヤツ。
それ、よ。

そのペラペラ麺ばかりを集めて一杯分にした『はしうどん』てのが食べたいわけ。
それで、割りばしで麺を挟んどいて麺をすすりあげた時に、割りばしの裏にうどんが漉されて出来た『うどんかす』みたいなもんが出来るんだけど、これをま、『はしうどん』のトッピングとしたいわけ、天かす的なカンジで。
んで、ネギたっぷり。
これが、『はしかすうどん』さ。

ダシが相当おいしくないと喰えたモンじゃない幻の『はしかすうどん』

一緒に作りたい方は、ご一報ください。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2014-06-09 00:41 | +cool down run+ | Comments(0)  

<< 笑道入門サル治療:残る 笑道入門:養生のススメ『努力と技』 >>