笑道入門:養生のススメ『努力と技』

ごっそり記事を強制削除することを求められてからここんとこ、すっかり書く気力を失っておりましたが皆さん、お変わりございませんか。
私はおそらく服用しているステロイド「プレドニン」の小粒を5粒のせいで、その副作用に苦しんでおります。
それから、皆さんが気になっているであろう情報がおひとつ。
車椅子のイケメン、ポバは術後、順調に元気になっている由、ご安心あれ。
鼻の細胞を取ったせいで「味がイマイチわかんない」という事態に見舞われている以外はいたって順調に回復されています。
今後、一年後か二年後か、彼の足に何らかの嬉しい回復がある事を願ってやみません。頑張れ!ポバ!
いえいえ、彼だけでなく闘病している皆さんを応援していますよ!
明るく前向きに闘病してまいりましょう!


それはそうと、入院中の生活がごっそり削除になったので、私がどんなコトをしてどんな病状だったのかというのまで、すっかりと抜けてしまいましたね。
私の入院生活は、治療が目的でしたので、ステロイド治療を入院中にやっていました。
自宅療養中の私の治療はというと、変わらずステロイドの服用です。
セットになっている薬諸々、朝から10粒を超える薬剤を3~4回にわけでゴクリです。サルコイドーシスをこじらせてしまったら「治療」という一歩を踏み出すことになるのですが、このステロイドの服用を始めてしまったら、これまでのように自分勝手に薬の服用を調節したりなど、出来なくなります。
薬の副作用に支配された身体で、痛みとも戦わねばならない病状となってしまった私は、この頃こう思います。
サルコイドーシスで治療の一歩を踏んだことは、果たして正解だったのか。

そんなにキツくない睡眠薬を使って夜に眠れる状況を作ると、あとは明け方4時くらいにオキノーム1包。日中に1包。これで医療用麻薬の服用が1日2回。それを1日1包に減らしてとうとう『オキノーム無し』という状況になってはじめて、私は仕事に復帰できる身体となります。それでもまだフェントステープという麻薬を使っていて、仕事をしながらも私はジワジワと皮膚から麻薬を入れ鎮痛をしている状況になるんである。

これらの『完全麻薬断ち』をするのに、いま私の身体は戦っている。
眠気やめまいという副作用に加え、痛みが出た時に『オキノームが欲しい』と思う気持ち、これに打ち勝たねばならぬ。『完全麻薬断ち』の何がツラいって欲しいという気持ちがあって物もあるのに、使えないってトコがツラいのね。私の場合だと、10日分の麻薬が処方されてるわけで、これを1週間で使うことも事実上は出来るのね。あるんだから、ガバっと飲んでも誰も止めない。そんな風に麻薬に溺れていって残りの3日間分は、他の薬局で処方箋だけ見せて麻薬を買いに走るような患者も少なからずいるんだって。それをうま~くコントロールするのに『急に麻薬を断つ』みたいな荒療治はやんないほうがイイらしい。すこ~しずつ減らしていって自然に麻薬から遠のく、みたいなことだと身体には優しいんだと。でも、正直この期間って地獄よ。でもこの努力って他人に伝わらないんだよね。ヘーキにやれちゃってるように見えんだよ、だから次々と減らされちゃう。そんでそれに応えちゃうんだな、また。努力家だからね、アタシ。

「これで2回目だよね?」
「そうですね」
「よく我慢した、アタシ!」
「はい、よく頑張ってます!」
そうやって頑張った入院中の私。
そう、それが夫や子供に伝わればいいけどな。家事をしつつ、日常を取り戻しながらコレをやることの努力のスゴさをわかっていただきたいものであります。痛いんだから、ずっと。我慢を重ねてんだから、ずっと。

私の治癒は他人には分かり難いが、外傷のほうは見てわかる。
退院間近の入院終盤、カエちゃんの傷口が平らになってきていて、あんなにボコボコしてたのが平らになってるよ!と人体の不思議について論じたら、あのボコボコが実はテクニックで、治った時の凹みを考えてわざと凸になるように縛っているんだと、そんな技なんだと言っていた、と言う。

「そんな技があんのか!」
「そう、そうゆうテクニックを持ってるらしんだよ、あの先生」

こうゆうのがクチコミで広がっていくんだよ、きっと。
『傷口の見た目のキレイさまで考えて縫合してくれるっつったらなんてったってD病院よね~』みたいなコトでね。
傷口ボッコリ縫合で治癒後の傷口のなめらかさを求めるなら、D病院へ行ってネ!
外科医がこぞって目を輝かせながら切ってくれますわよ。
外科医ね、切るの大好き。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2014-06-05 16:03 | +YOU WIN!!+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA