スルー&クルー

マクドが雇用の年齢制限をしていないので70歳の老婆クルーが「ポテトもご一緒にいかがですかァ」と言っている
というニュースをちょいと前に見たのだが、私のご近所レベルでは高齢者クルーのいる店や時間帯にアたらなかったためか、その姿にお目にかかることがなかった。

ところが今夜、ラーメンを食べた帰りに、風邪で伏せっているむーちんについでにと頼まれていたチキンクリスプを買うため隣のマクドへ行ったら、「次のお客様どうぞー」と言った人物が初老男性クルーだった。
高齢者とまではいかないが60ガラミの男性で、これまで主に接してきた10代クルーからしてみれば十分に高齢者クルーのカテゴリ。

なぜか肩からウエストポーチを前にナナメ掛けしていたおやぢクルー。つまり胸の前にウエストポーチの本体がある。これは何かの間違いなのか、ポーチを胸に装着しているのはそのおやぢクルーだけである。ドライブスルー用のWAS(ワイヤレス・オーディオ・システム)を装着しているクルーは3名もいたが、ポーチ装着は1名である。

マクドナルドのクルーはその能力や経験により、さまざまなタイトルにチャレンジ出来るシステムである。
ウエストポーチ装着が1名という限られた人間であることを思えば、おやぢクルーはウエストポーチ装着が許されたタイトルのスキルを備えた人物ということになる。

あえて申し上げておくが『ヒップバッグ』と書かなかったのはソレが『ウエストポーチ』というフォルムだったから。
ちなみに調べてみたが、マクドのタイトルにウエストポーチが必須というような職種(タイトル)はなかった。
あるとするならデリバリースタッフだが、そうなるとデリバリーから戻ったおやぢクルーの単なるウエストポーチの脱ぎ忘れという可能性が高い。

そんな“裏方のひとがちょっとレジに立っているのかな”くらいの出で立ちでレジで御用聞きをするおやぢクルー。

私はレジの前に立つやいなや「ええっとー」と既に注文を始めたのであるが、おやぢクルーはマニュアルを決して崩さない臨機応変皆無タイプ。
私の注文する姿勢を完全にスルーしてクルーは「いらっしゃいませこんばんは店内でお召し上がりですかー」と一気に言う。

このタイプのクルーがたまにいることはいるが、たいがいが臨機応変な接客に慣れていない学生バイトである事が多い。
アルバイト経験はマクドのクルーが初めて、といったカンジの。
主婦っぽいクルーや社員レベルだと、最初に「店内でお召し上がりですか~」と聞くマニュアルではあっても、客が注文を言い始めたら客の注文をまずは聞くことにするパターンが多い。
だって客の注文を全部聞いたあとでそれが大量だったら食べられるわけないんだし「お持ち帰りでよろしいですか」にすりゃイイわけで、客は客で聞かれることを知っているから微妙な個数の時は言い方を心得ていて「ハンバーカー3個お持ち帰りで」と言う。
回転率がモノを言うファストフードで「う~んと~…ええっと~…てりやきマックバーガーのバリューセットでサイドサラダもいいけど~、あ・やっぱえびフィレオでポテトにしようかなぁ~。てかダブルチーズバーガー単品で~も~」てな態度を取っているひとを私は見たことがない。
レジの前の列にひとりで並んでいる客なんてたいがいメニュー名まで覚えていて、注文も決まっているひとだ。
そして客は、マクドが店内で食べるかどうかを知りたがっているのを知っているので「テイクアウトで」とか「持ち帰りで」と言って注文しない限りは、店内でお召し上がることの意思表示だと思うのだが、客の皆さんはどうだろうか?
私は注文の時に持ち帰りだと言わない時は店内で食べる時だが、マクドのクルーはいつだって今しがた会ったばかりで開口一番に、店内で喰うかどうかを聞いて来るのだ。
店内に足を踏み入れた途端、注文する前から店内で喰うかどうかを知りたがるので私のための席確保に走ってくれるのかと思いきやそんなことは一度もなくて、席は自分で確保しなきゃなんない。
ヒドい時など先に席を確保してから注文しなきゃなんないくらい混んでいる状況の時に、クルーはさも席が豊富に空いているかのような無頓着さで「いらっしゃいませこんにちは店内でお召し上がりですか?」と聞いてくるのである。
状況把握をしようなんて気のない臨機応変さのなさとそのマニュアル第一主義に、たま~にカチンとキて虫の居所が悪かったりすると、まァ100円マックを頼んでおいてナンなんだけどさ、「店内でいただけるんやろね?この時間帯でこんだけ並んでやっと注文してんのにさ、席ってタイミング良く空くもん?アナタどう思います?いつもはどんな感じなん?私は店内で食べる気やから食べるって今は答えるけどさ、注文品が出来上がったあとでトレイ持って席空くのを待つんやとしたら、そん時は持ち帰りにして」と意地クソの悪い注文をする。
お客様の身になって考えることをする、一歩踏み込んだ接客サービスを提供しようと努めるひとは、忙しい時ほど臨機応変さを大事にするものである。
私はそれを数々のアルバイト経験から学んできたし、転職をするたびに気持ちの良い接客がいかに難しいことかということも学んだので、客の立場でその学びをクルーたちにお裾分けしているのだが、みんなが言うわけよ『クレームばばぁ』って。
ウチの近所の接客だけが飛び抜けてクオリティが低いのか、それとも貧乏人の私が通う店がその程度のレベルってコトなのか…どっちにしてもダメなカンジはする。どうもどうも伊丹のクレームばばぁです私の前で過剰敬語を使うとケガするゼぇ。

おやぢクルー棒読みセリフの腰を折らずに「いらっしゃいませこんばんは店内でお召し上がりですかー」を最後まで聞いてから、私は答えた。
「持ち帰ります、チキンクリスプ4個、以上です」
「はい、単品ですか?」
「ん?…はい、単品で。」
私は、どこそこのマクドで100円マックのチキンクリスプを何かのついでに頼まれてテイクアウトで購入しているが、ドコのショップでも“単品ですか”と確認されたことがこれまでなかった。
だから、今回が初めての『チキンクリスプ単品』という注文の仕方であった。
以降のおやぢクルーとの会話をママ記す。

「チキンクリスプ4点で1280円になります」
「はい?なりません。そんなにしません」
「あの~はい、チキンクリスプ4点ですね?」
「100円マックのチキンクリスプが4個だから400円やね」
「あぁ、はい。ソッチですか」
「そっち?」
ドッチのチキンクリスプなら1個320円になるか納得できる説明をしてもらおやないかいおっちゃ~ん、アタシの注文の仕方が悪かったみたいなニュアンスで返してきやがって。
チキンクリスプはアッチでもコッチでもドコでも100円マックのメニューなんだよ、そんなコト保育園児からサラリーマンにまで浸透しとるわいっ。

空腹ならこの『ソッチですか』という返しで完全にキれてもおかしかないが、幸いなことにこの時ラーメンを汁まで飲み干したトコロで私は脾臓が痛むほど満腹だった。実を言うと、初対面のこのおやぢクルーに対して『400円やね』と言った時点で30%アタマにキていたが、邪魔そうな胸のウエストポーチが気になって『1280円って何を4個の金額なん?』と言い放つタイミングを逃してしまっていた。
おっちゃん、命拾いをしたな。
まさかウエストポーチに救われる命がこの世にあるとは誰も思わなかっただろうがな。

私の“ソッチ?だと?ソッチと言いやがったか?あ?”みたいなオーラを感じ取ったのか、隣のレジの20代前半とおぼしきニィちゃんが、チラとだけこちらに顔を向けた。
見られたプレッシャーからかいっこうにレジが打てなくなるおやぢクルー。
「チキンクリスプやで?4個ね、100円マックの」
レジにはフィレオフィッシュと表示された。何回、言わす気やねん。
社会経験豊富な年齢だろうに…脱サラしてマクドのクルーだろうか…それかアベノミクスで大手企業の給料アップが叫ばれるこの日本で、その恩恵がいまいち届かない中小・零細の製造業の末端リストラが相次いで…あぁ…おやぢクルー…そのおトシでの転職はツラかろう…12月から新たなる職に就く38でさえなかなかキツいのにっっっ!!!

私は俄然おやぢクルーを応援する気になって5000円を出した、400円のチキンクリスプ代金やのに。そして釣り銭を受け取るまでの数十秒間は腕組みサ。おやぢクルーが「5000入りましたんでー」っつって横の20代クルーに釣り銭紙幣の4000円の枚数確認を頼む。4枚の1000円札の数え方がもうたどたどしい。
「ひとまず4000円と」
「600円のお返しです」
釣り銭分割の儀が滞りなく終了すると、銀色に光る1番の番号札を渡された。「少々お時間がかかりますのでお待ちください」つって。おかしいな。チキンをこれから揚げるために時間がかかりますがーみたいな説明があって「じゃぁやめるわ~」「ええよ待つ待つ~」という客側の選択があるんだけどな、コヤモのマクドでは。
私は番号札が見えないほどガッシリと深い腕組みをし、窓枠に肩でもたれかかって足を交差に組み、司会者ヒデちゃんに噛み付く気マンマンの沢尻エリカのファイティングポーズばりのウエイティングポーズで、じーーーーっとレジの向こうの、1オーダー約50秒でハンバーガーをつくれるように導入されたMFY(メイド・フォー・ユー)プレップテーブルを凝視。
ヒデちゃんのどんな質問にも「ないです」「ないですね」と答え続けたエリカ様のごとく“ナイわ~”という気持ちを視線に込めた。

するとそれに気付いたのか先程のレジの20代クルーのニィちゃんが、手を止めて私を見、丁寧かつ軽い会釈をした。注文していないスマイル(\0)も添えて。
いいだろう…マクドのクルーはチームワークだからな。
それにアタシはエリカ様ほど若くはないしな。
尖る年齢はとうに過ぎて、そろそろ人間的に丸く、生き方をシャープに、積むべき徳を極太にすべき年齢だからな。

だが、これだけは言っておくぞ。

この文章を読んでいただいたマクドクルー経験者にならおわかりいただけるかと思うが、私はわざわざ検索をしてまでマクド用語をちゃんと使用している。
客である私がクレーム文をタイピングすんのにこんだけの時間をつこて恭敬の意を表すのだから、せめて同じくらいの時間を割いてマクドにはサービス向上にご配慮をいただきたい。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2013-12-01 01:29 | +in the sky?+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA