サトラレ救出作戦DEしっぺ返しだっ!

d0137326_16473621.jpg

博報堂ブランドデザイン若者生活研究所リーダーの原田曜平氏は、著書『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川oneテーマ21)の中でこう記している。

「彼ら本当はさとっちゃないのに、さとることなんてできるはずもないのに、とにかく自分たちだけは落ち着こうと、何だかさとったようなクールな態度をとり、平静を装って生活してきたのである。<中略> 日本が沈みゆく『失われた20年』に、彼らは人生の大半を過ごしてきた。だから彼らは消費には極めて慎重な体質になっている。常にコスパを意識し(ブランド物でさえコスパの良い物を選ぶ)、かつての若者のように、消費意欲が旺盛で新商品にビビッドに反応を示したり、見栄を張るために豪快な消費をしたりはしない。」

●ムダな消費もムダな努力も拒否! 「さとり世代」の特徴5

さとり世代は、モノより思い出
さとり世代は、コスパが何より大切
さとり世代は、「デフレ商品」の申し子
さとり世代は、「面倒臭い」が最上位概念
さとり世代は、「イタイやつ」と思われたくない

※著書『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』(角川oneテーマ21))から引用

どちらかというと「ゆとり世代」は、ゆとり教育を受けて育った若者たちを大人が見下げて使う言葉だった。逆に「さとり世代」は、若者から生まれてきた開き直りとも言える言葉。「いつまでもバブル時代を忘れられない大人のほうがおかしい!」。そんな若者たちのクールなツッコミが聞こえてきそうだ。



↑だ、そうだ。
mixiのKNIGHT師のつぶやきから後追いをしてみたら、「ゆとり」もヒドいが「さとり」もヒドいことが判明した。こりゃ「つめこみ」世代がなんとかしてやらにゃ、ならん。人生とは助け合いなんである。私は若年層からはトウが立った若者育成世代であるからして、サポートせねばな。

ちなみにKNIGHT師とは私の太鼓の大師匠である太鼓同好会会長のご子息で、私が勝手に太鼓の師匠と仰いているひとであるが、私が踊りキチガイなために大師匠の家に太鼓を二度ほど打ちに行ったきり今日までサボっている体たらくでも、夏になって櫓で会えば太鼓打ちと踊り子という関係で良好なフザけ合いが出来る師である。
前々から誰かに似てるなァと思っていたけど、このほどハッキリした。
歌舞伎役者の片岡愛之助に似ている。だから師を遠くから呼び止める時には「松嶋や!」と呼ぼうと思う。気付いてはくれないだろうけど。

師は呼び止めなくても何の問題もないが、呼び止めて誘き寄せるべきは『さとり世代』の御仁である。
若者よ、その若さで何を悟る必要があろう。
若いという事は即ち無謀ということである。


盗んだバイクで走り出さない『さとり世代』の皆様へ

“サトラレ救出作戦DEしっぺ返しだっ!”と題しました[ゑずトリア研究所]イベントを、宮崎県日向市鶴町本店の美容室『private salon esora』にて11月3日(日)より開催致します。
さとり世代の皆様はどうぞガメってくださいネ♪

[ゑずトリア研究所]企画*エソラック11月号*【詳細説明】

フォトアルバム冊子に格納致しております『ためになるような気がするポストカード』は非売品ですが、これを今だけ盗むことが出来ます! 
d0137326_1635939.jpg

『private salon esora』にカットのご予約をいただき来店されましたら「エソラックどれですか?」とオーナーに言いましょう。
リリーフランキーによく似たオーナーは快くエソラックを手渡してくれます。
カットをされている間に50枚ほどあるポストカードの中から、ご自分の直感でためになるような気がする1枚をお選びいただき、オーナーの目を盗んで抜き取りましょう。
こっそりと盗んだことがバレますと、リリーフランキーに似た男がアナタを追ってまいりますが、その男のタッパは見せかけだけで足はさほど速くありませんので逃げ切れます。

走れ!

振り返ることなく!


※『private salon esora』と[ゑずトリア研究所]は地域のオトナとして、サトられた皆さまの意識改革と行動力の起爆剤となるべく、健全な若者の育成とサポートに取り組んでいます。協賛企業は随時募集中ですので我こそはとお思いの企業様はご一報ください。なお[ゑずトリア研究所]は週休5日制を導入しておりますのでなかなか連絡がつきかねます。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2013-11-01 16:41 | +丁猫犬堂+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA