信者よ 己が見えているか

一旦信じてしまったひとの「信じるココロ」の深さってスゴイよなって思う、中島知子を見ていると。
こんなに明敏そうなひとの耳をも塞ぐんだなァと思って。
おは朝のコメンテーターで、かつて統一教会にマインドコントロールされていた飯星景子が、娘を取り戻そうとして泣く父親の弱い姿を見た事が、自分の気持ちが変化するきっかけになったと言っていた。
自分を大切にしてくれるひとをこんな姿にしているのは自分なんだと自覚するところまでいかないと、洗脳というものは解けないのかもしれないな。
でも解ければまだマシなほう。
洗脳された母を捨てなければならなかった私のように、家族を失うひとのほうがきっと多い。

マインドコントロールされている人間にそれを自覚させることは、難しい。
洗脳されたまま日常生活が送れてしまうからタチが悪い。
苦しんでいるのは、本人ではなく家族のほうだから手に負えない。
今の中島知子には自分の言動で他の人がどんな反応をしているかが見えていないようにみえる。
テレビをそんなに見ない私の、数少ない認識している芸能人の中でも、中島知子というひとは他の悪影響を受けないタイプに見えたし、ましてやマインドコントロールされるような人物には見えてなかったもの。
そんなひとがあれだけ自分を見失うのだから、自分を保つのってそう簡単じゃないんだなぁ…気を引き締めていこうっと。
勧誘とか電話とかホイホイのっちゃうから気を付けないと。
これから多くの企業がキャンペーンの時季だし、無職だから話し相手欲しさに問答をすると、うっかり買いそうだ。
もはや肌組織の細胞うんぬんの域に達してて健康被害はないのかと恐ろしくなってくるエイジング商品とか、家庭レベルでそんなに多種多様の洗浄を追求するほど汚れを落とせても意味がねぇよっていう高性能の洗剤とか、買っちゃいそうだから気を付けよう。

『特許出願中』を商品の謳い文句にしているようであれば、その商品に自信がないからだと思っていいと思う。
『特許申請中』を商品の謳い文句にしているなら、それは詐欺。
特許に『申請』なんて手続きは、ないよ。
なんしか商品のPRに『特許』を謳ってくるということは、それ以外に謳えるアピールがその商品には無い、て言ってるのも同然ということ。
『特許』ってどんなデタラメな製品でも出願は出来るからね。

そんな特許に絡む怪しげな商品を出来心で買っちゃいそうになる私だけど、無い袖は振れないので現実問題として売買契約が今は成立しない、言うてすまんが。
またひやかしリストに入れられちゃうよ。
訪問販売のひとに嫌われてるんだよね私、時間だけ喰って金出さないからさ。

私だって金持ちだったらひとつくらい買ってるよ、金持ちだったら間違いなく数年前のポストカードは買ってたね、自作の詩のクオリティが低いヤツ。
私のココロに沁みる言葉は紡げてなかったけど、旧友への近況報告用葉書として買っててもよかったと思う。
ただ、50円切手を貼らねば届かない葉書一枚400円は高ぇよ。
聞いたことも無い詩人が何の感想も出ない詩をあしらっただけで一枚400円は、ぼってるね。
無名ライターの原稿料がいくらだと思ってんだよ、世の中には相場ってのがあるのに独自レートで売るんぢゃないよ。
ストリート的な感覚なら材料費の30円で売れ。
私のストリート活動は材料費すら取らないテイクフリーだ。
身銭を切って修行をしないと表現力はつかないぞ、若者よ。

そんなピュアで危ういネット世代の若者たちが迷える子羊ちゃんにならぬよう、マッチング広告で洗脳されてしまわぬよう、オトナとして私が釘を刺しておこう。

例えば、コレ。
d0137326_18311326.png

占い、ね。
すごく『当たる』やつ。

試しに、10人の友達と同じ占い師に過去をみてもらい、10人分の過去を当ててもらってごらん。
十人十色の人生のはずなのに、10人に共通する『当たる』出来事が皆に思い当たるはずだから。

オカンから生まれ、義務教育を終えればそれぞれの道を選択し、学生期間を終えたら社会人となっている人間で10人を集めたら、共感率が高くもなるさ。
こんなに共通点ばかりの10人が、人生に於いて似たようなシチュエーションで似たように悩んだり助け合ったりして生きているのが世の中。
そのことを知っている人間ってのが占い師だから、お金を払って自分を占ってもらうのではなく、どうせ同じ金額を使うつもりならその占い師に『占い師になった理由』を聞いてみよう。
君は一回30分4000円で、目が覚めることだろう。

占い師になった理由を聞いても聞かなくても、占い師になった理由を聞こうとしただけで、君は私が言っていることの意味を理解するに違いない。
占い師に占ってもらおうか、という心理を一番よく理解している人間が、他でもない占い師本人である。
それが理解できるなら、君は自分の人生に責任を持つことが出来る人間だろう。

自分の悩みに心から耳を傾けてくれる相手は、君から金銭を取ろうとは決してしない人である。
そうゆう人のことを世間は『家族』と呼んでいる。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2013-09-07 18:37 | +in the sky?+ | Comments(0)  

<< 制裁弁当 御日ノ丸 県ユース >>