どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

県ユース

こないだジンとハタが泊まりに来た時にジンが「チョモがむっちゃ寂しがってますよぉ~!」と言っていた。
暇があったら見に行っていたチョモの試合を、病気になってからというもの見に行っていないので。
リハビリの運動がてら夜のボンブーはさしつかえないが、日中の陽射しは身体に障るでのぉ。
何よりもカタいアスファルトの上を歩くのが脾臓に堪えるのじゃぁ…堪忍・堪忍。
「ヤだいヤだ~い!試合見にきてくんなきゃ泣いちゃうぞ!」
と、高校2年にもなってダダを捏ねるチョモではないので、その後の試合も見には行かなかったのであるが、久々に県ユースを見に行った。
運転手のむーちんが「見に行くやろ?」というので。

あわや間に合わずか…という間に合い方で陸上競技場へ到着し、痛み止めが切れる中ギャラリー席へと向かっていると、ちょうどマイルを走る選手たちの群れに遭遇した。
「お・チョモたちいるんじゃな~い?」
と私が群れに近づいていくと、隣りでハイエナが身を隠した。
「おいっチョモに気づかれるやんかっ!」
「ええやんか」
「オマエがよくてもチョモがイヤがるやろっ!」
チョモがそんな素振りを小指の先ほどでも出した暁には、メッタメタのギッタギタのボッコボコのガッペガペだけどな。
群れを眺めていると、ひとりだけ群れの流れに逆らってこちらへと横断を試みるカモシカがいる。
私と目が合い、にこやかに近寄ってくるカモシカ。
嵐山のサルは目が合うと威嚇してくるが、おぼこのジンは目が合うと寄ってくる。
「がんばってね~」
「はいっ!」
…悪かった…ジン…私が悪かった。
ウチのチョモは私から手を振っても手を振りかえすことは稀であるし、親子のアイコンタクトが名人の域に達したようで、最近では言葉すらも必要なく、同じ空間に居る時などは会話ではなく各自が醸し出すフィジカルオーラでコミュニケーションを取っている。
これを世間では俗に『反抗期』と言うが、ジンにはないのだろうか。
反抗期がないものと思っていた我が子ヒー坊でさえ、最近では反抗してくる16の夏である。
ジンに出逢ってから2年目の夏、彼には何の変化もない。
変わらず顔見知りを発見すれば寄って行き、変わらず手を振り返す。

「ジン見てるとさ~『青春』ってこうよね~て思う。試合で感極まって泣いちゃうとかさ~そうゆうの、チョモにはないんだよねぇ…チョモって小さい時からそうゆうのないの…」
「チョモ、小さい時ってどんなんでした?」
「野山を駆け巡ってたねぇ…大人レベルのアスレチックとか。幼稚園児にして既にカニ腹だったから…思えば可愛げのないコやで」
結婚が早かったために子育てをするのに私の年齢は体力がピークだったのさ…有り余っててね、アクティブに遊びたい盛りだったもんで『子供に合わせて』なんて配慮はなかったねぇ。
そんなつもりはなかったが対等であることを強要してたのかなぁ…振り返ってみると子供らしいとこがちっともないガキだった。
これまでにチョモが自分の感情を出し切ったところを、1回…いや2回…見ただろうか。

マイルで近畿大会出場を狙っているのでチョモは、決勝に残った200mを棄権。
マイルにかけているから、マイルで勝ち進めば最初から走らないつもりだったのだろう。
リレーの4人という選手を充実させるのは、公立高校では難しいだろうと思う。
私学であれば陸上競技に力を入れるために、記録を出している選手や見込みのある選手にオファーを出し、選手層を厚くすることも出来るが、公立高校でスポーツ推薦というような枠は無い。
チョモの学校は、これから『陸上の強い公立高校』として名を馳せ、選手が公立だったらココと決めてくるであろう『これから強くなっていく』学校といったカンジである。
『陸上といえば』とまではいかないので、競技別にまんべんなく強い選手が揃っていないゆえに『マイルにかければ200は捨てる』といった選択が必要になるチームである現状。
この環境がチョモに良く作用することを願う。

マイル決勝で6位までに入れば近畿大会出場である。
準決勝で2走を走っていたチョモは決勝ではアンカー。
6位か5位かでバトンを受け取ったチョモは後半で追い上げる。
400mを走ってバトンを繋ぐには『最後を粘れる』というメンタル面の強さが要る。
それしかないと思うな、とどのつまり根性だよね。
技術的な面とか走りのテクニックとか身体的能力とかさ、果てはスパイクの機能性や軽さとかね、いろいろ分析して速さに到達するのが今どきの陸上かもしんないけどさ。
根性がなきゃそれも活かせらないっつーのね。
「ああダメ」と思った時点で「ああダメ」の信号が筋肉にも伝わるのが人間の身体である。
まったくダメなのに「イける!」と思っていれば、身体がイけるフォームを計算する。
それがイメージトレーニング。
最後まで根性で思い込めるかどうか、てのが肝。

最後の最後に粘ってチョモは3位でゴール。
地面に転げて息も絶え絶えであった。
これまで見て来た試合の中で、こんなに崩れた姿を見るのは初めて。
人間味があるじゃないか、チョモ。

最後の最後の種目だったので、表彰の時分には競技場内が片づけの最中。
d0137326_10223270.jpg

フィールドがどことなく、のどか。
d0137326_10224149.jpg


表彰台に上がるのを写真に撮ってあげようと、表彰台から近い席でカメラを構えていると、私の後ろからショーウン生と思わるる女生徒の声が聞こえた。
「ジンくん泣いてたってよ」
涙のジン近畿大会出場に感極まって。
泣いてはいなかっただろうけど、今日の我が子からも『青春』ぽさを感じたよ、私は。
ジンほどのまっすぐさはなかったが、それでも今日のチョモはわかりやすかった。
それでオールオーケーさ。

表彰台の前に各チームが整列。
3位の台の先頭に立つ1走のジンと目が合う。
d0137326_10224682.jpg

ジン、にっこり。
思わず手を、振ってしまう。
案の定ジンが手を振り返してしまう。
d0137326_10225095.jpg

悪かったて…ジン…私が悪かった。
ココはだろ。ココは振り返してこないと思ったよ、私は。
d0137326_1022537.jpg

「本気」と書いたら「マジ」というルビであるが、私のルビは「純粋」と書いても「純朴」と書いても、無垢・純真・ピュア、どれもこれも「ジン」でイける。
最期まで思い込めると思う。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2013-08-27 10:34 | +in much guy+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク