ヨユーの

「アンタ…余裕のダレちゃん?」
「はぁ?」
「余裕の~ゆぅたら『余裕の誰ちゃん』になんねん?余裕なん、ダレや?」
「余裕なんは千徒様やないか~けっけっけ~」
平成8年生まれ現在16才のオレ様チョモが、ほざく。

「おハナシにならんな…私は『余裕のよっちゃん』やねんけど、ヒー坊には『よっちゃん』ぢゃナイひとがおんねん」
「オレも余裕はよっちゃんやなぁ…」
「やろ?よっちゃんやろ??でもヒー坊は『ユウちゃん』やねん。ほんで『よっちゃんてダレ?』て訊くねん。ダレって聞かれてもよっちゃんが誰かってのはないやんけ。そんなん語呂合わせの言葉遊びやねんから、よっちゃんっていう特定の人物はおーへんやん。けどヒー坊のユウちゃんはおんねん。山田優やねん。プロミスで借りた金を余裕でユウちゃんは返すねん。借金返済余裕のユウちゃん」
キャラクターがはっきりしてるんや、余裕のユウちゃんは。

我が子は年子であり、年子を持つ母親の共通した育児認識の中に「参観日の懇談は上の子に出ればOK」というシステムがある。
1年の差は学校行事予定上は同等である。
上の子でやった行事と同じ事を下の学年でもやるので、上の子で説明などを聞いておけばそのまま下の子に適用出来るのである。
しかし、1996年生まれと1997年生まれの年子には、このシステムが通用しない。
何故だかこの1年で方針が変わってしまうのである。
区切りの年度になってしまっているために、時間割・修学旅行先・キャンプ先等々、ヒー坊の学年から仕切り直しとなり、『例年からの引き継ぎとは異なる学年として変更事項の数々』を把握するために、年子であっても上の子でも下の子でも説明を聞かねばならず、大変にめんどっちー。
たまに聞かずにチョモの学年通りのことをしていると、ヒー坊が「チョモまではそれでよかったけど、ボクたちからこうなった」的な注意をしてくる。
たかが1年されど1年である。

「アンタさぁ、今年の春に後輩出来るやん?その後輩にきーてみ?余裕のダレちゃんや?て。そしたら1年しか違わないのにその後輩は『余裕のユウちゃんです!』て答えるねんで。カルチャーショックやでぇ…しかもそのユウちゃんは、山田優」

余裕と言えばよっちゃんと相場が決まっている皆さんに、山田優に負けないようなキャラクターを作っておきましたので、『よっちゃんってダレやねん!』と突っ込まれた時にどうぞご活用ください。

【余裕のよっちゃんプロフィール(山田優との優劣比較版)】

本名:佐藤ヨシコ
(日本の多い名字ランキング→1位:佐藤 13位:山田)

生年月日:1964年7月5日
(ユウちゃん生年月日:1984年7月5日 よっちゃんのほうが二昔も先輩だバカヤロー)

出身地:北海道
(ユウちゃん出身地:沖縄県 よっちゃんは最北端だバカヤロー)

※佐藤ヨシコ(通称:余裕のよっちゃん)は、何でも余裕でこなします。
きれている蛍光灯がどんなに高い位置にあろうが脚立を使って余裕で交換しますし、どんなにかたくしまっているハチミツの瓶の蓋でも余裕で開けてしまいます。
日常のちょっとしたコツ、という余裕を熟知しているよっちゃんに何でも聞いてください。
機械類の調子が悪くなったらとりあえず叩いて様子をみることを全国的に普及させたのは、よっちゃんです。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2013-01-28 01:14 | +開楽館+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA