ポルコ・ロッソの法則

私のデイリーコンサイス英和辞典が戻って来ない。
とくに日常生活で英和辞典が必要なわけではないし、ここ数年ほど英単語に関しては辞書をひくのではなくネット翻訳機能を利用しているので、なくて困っているわけではないが、返さないのはチョモだ。
高校で英語の辞書がいるというから『引きやすいんであげる』と言って渡した。
そしたら『いらん』とゆぅたので『じゃぁ3年間貸す』と貸した。

最初の授業で英語教師にその辞書では授業で使う単語数を補えないから買い替えをすすめられたと言ってきて、辞書代を要求してきた。
みんな電子辞書を使っているからそれでもいいけど、ちゅうて。
私は“みんなが持っているから”という理由で欲しい物を買い与えることはしない。
自分が欲しい理由を自分の“欲しい思い”として言えない物品は自分にとって必要だとは思えない。
「勉強するのにまだ“覚える”ていう段階の時に電子辞書は向かない。電子辞書は自分の知識を補ったり活用したりするツールやから。紙の辞書を繰りなさい。ひとつの単語を引いたら、その前後の単語もついでに見なさい、それが勉強というものです」
「…てゆぅけど、自分はやったんか?」
「いいえ。しておりません。だから未だに辞書を引かないといけない人生やで?しないと、こうなんねん。なりたなかったらせぇだぃ勉強しよし~」
デイリーだから単語数が少ないと見積もられたらしいコンサイス。
高校の時からこの辞書を私はかれこれ20年ばかし引いてきたが、収録単語の全部をまだ引き切っていない。
「私が何十年とかかって全部の単語を引いてないのに、それでも足らんとな?そんなに単語使うんか?英語って?ネイティブな外人同士の会話って短いけどなぁ?ァウ、ンフ?オイェー、アハ?てなカンジや」
「それ会話ちゃうやろっ!載ってない単語があんねんて~この辞書。古いから。」
「古さぢゃねぇよ…言葉に旬があるからやろ…残る単語はどんなに古くてもちゃんと残る。それを見越して編んでるんが辞書やないか。博識者がよってたかって編んどんねん、要る単語はちゃんと載せとるわい」

辞書ってのは不思議なものでねぇ…語彙が豊富に載っているから用をなすというその考え方が正しいのは間違いないんだろうけどねぇ…『辞書を引く』という行為に関しては収録語数ではなくて『引きやすさ』なんだよねぇ…収録語数が豊富でわかりやすい解説がしてあってカラーで見やすい、そんな優秀な辞書でも、結局は引きやすくなかったら引かないのが辞書なんだよねぇ。
よく引く辞書で載ってない単語がたまにあるのと、載っていない単語はないんだけど滅多に引かない辞書と、どっちが学習に向いてるって言えると思う?
引きやすいこの辞書の引きやすさのクセを覚えてから、収録語数が十分な辞書を買う、というのが賢い選択だと思うけど。

そう言ったら、チョモの認識で私は『どケチばばぁ』で通っているので、こう言ってきたのである。
「授業で使うモンやねんから辞書くらい買ってやぁっっ!相変わらずケチやなぁっ!」
使える辞書の買い方を私は経験から教えてやってんのに…わかんねぇヤツだな。

「アンタが今、必要と思うなら買ったらええけど、私が言ったこと覚えといてな?引きやすい辞書を選ばないと、辞書は引かないよ?引かない辞書って無駄やで?引く辞書を買えよ?わかってんねやろな?」
「オレは収録語数が多くて引きやすい辞書を買うから心配すんなっ」
私も学生の時はそうした。
学校がすすめる辞書を、先生が買い替えろと言うタイミングで買った。
でも結局は国語辞書も英和辞典も、買い替えたヤツは引かなかった。
引きやすい祖母が使っていた岩波の国語辞書を今でも引いているし、引きやすいデイリーコンサイスの英和辞典を傍に置いている。
確かに引いても載っていない単語はあるが、載っている単語だけでは不十分かと言うと、これまでの人生では十分だったように思う。
私の辞書に載っていなかったばっかりに警察の世話になるような間違いを犯したことはないし、私の辞書の語彙が足らなかったことで単位が取れずに留年したという事実もなく当たり前に卒業した。

理数系の私学なんておっそろしく金がかかるから、理数系を選択した生徒には国公立大学を受験させること前提で授業が進んでいくという説明を、高校からは受けた。
チョモは理数系を選択したと言っていたので、そこそこ難しい勉強をすることだろう。
そりゃ語彙の足らんデイリーコンサイス英和辞典なんぞ、さぞかし無用の長物であろう。
だかしかしbutけどけれどyetチョモの机の本棚スペースでは、見覚えのない英和辞典が函に入ったままホコリをかぶって鎮座ましましており、この英和辞典がその定位置から移動しているのを見るのは皆無で、私のコンサイスは見当たらない。

だから私はゆぅただろう?

「引かない辞書はただの紙」

飛ばねぇ豚は、ただの豚だ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2012-10-28 23:42 | +ミルニング+ | Comments(0)  

<< 社員教育教材用パロディテキスト... 便所愛好家 >>