恒例化

ガラパゴスにはその環境から独自の進化をした生物が存在するらしい。
そしてその生物はガラパゴスにしか存在しない。
転じて「ガラパゴス化」とは「特化したために孤立する」というような意味らしい。
私は悪いイメージでこの新聞の記事を読んだ。実際ライターも悪い意味で書いていると思う。
「すんごく狭い範囲でしか通用しない変化」がどんどん進んで「とうとう誰もついてけねぇ」てトコまでいくのが「ガラパゴス化」やで~という意味で書いた文章だと読んだ。

「ガラパゴス独自の」って、今のニッポン、どえらく好きそうやのに。
結果的には超個性的ってコトやんか。ここ数年いろんなシーンで感動のキーワードになってるオンリーワンやんか。
悪いイメージで植え付けられようとされてんのは、国際的にみてスマートフォンの普及に遅れをとってるからとかかな?
「ガラパゴス化」に悪いイメージをこれ以上持たぬため、微力ながら我が家の「ガラパゴス化」をいいイメージでご紹介しよう。

私の誕生日に会社から現金支給される特別報奨金をこっそりと貯めておき、私の誕生日のプレゼントとして茶封筒ごとくれる、というむーちんのサプライズは2007年から始まった。
d0137326_0214068.jpg

1万円台であった初年度から、私がトシを1歳とるごとにその額は増えこそすれ減ることは決してないという、大不況ニッポンという環境に逆らうような驚愕の進化を遂げている。
d0137326_0215652.jpg

そして2010年11月19日
d0137326_0221574.jpg

とうとう金額51800円
ボーナスも削減されるサラリーマンの昨今に於いてむーちん、ひとりコツコツとガラパゴス化である。休日に発作の出る持病ギャンブル症候群の治療費が高くつき、朝の忙しい時間帯を狙って私の財布から3000円ほどを盗まねばならぬ闘病生活から、なかなか脱すことのできないむーちんが「ガラパゴス化」するんである。

ニッポンよ、技術に自信があればこそ「ガラパゴス化」を全面に出してグローバルな場に出て行きなはれや。
優柔不断で曖昧で「金は出すけど口は出さん」みたいな国と思われてるようなので、「ギャンブラーやのに金一封を貯めて5万円捻出」みたいなギャップで売ってみたらどうだろう。
「ガラパゴス化」を「独自性」と捉えてポジティブイメージで口にしよう。
「ガラパゴってる」とかゆぅたらええやん。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-12-01 00:26 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)  

<< イケナイ子ぉは追跡しちゃうゾ 渋ガキDASH!! >>