どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

季節の変わり目がズレとるきに ~其の一~

今年の梅雨は7月でしょうかねぇ。6月中にきてくれんのか?イッパチ農園的にちょっと困るでしか~し。
と思っていたら本日、全国一斉梅雨入り宣言みたいなこと、ニュースで言ってませんでしたか?今年は季節モン、全国統一でイくかもしれませんね。北海道で6月プール開き、沖縄で1月スキー。

企画委員会の案内を事前に作るというのが執行部書記としての私が担当している役割でもあるのだが、去年のデータをもとにそれをこれまでちゃちゃっと作成してきた。今回も学校長の名前を変え、PTA会長の名前を変え、日付を変え、まるまま去年の季節の挨拶を使い回して印字するつもりでいたところ、三枚目の案内にしてすでに季節の挨拶が使えなくなってしまった。文面はこう。

梅雨の晴れ間に紫陽花の花の美しい季節になりました。

梅雨がきていないどころかウチの紫陽花はやっと蕾がつきはじめた有様。夏休みが入るために7月中に作っておかねばならない四枚目なんて季節を見越してこのような文面。

9月になってもまだ夏の名残りの日差しが強いこの頃です。

この夏の日差しに、名残るほどの強さが期待できるのか。夏が来ないっつってんのに。違うプリントで季節の挨拶を省いておいたら、教頭先生チェックでちゃっかり季節の挨拶が付け足されいたのをみると、季節は挨拶で入れて吉。慌てて季節の挨拶をネットで調べ、挿入した次第である。
6月は「うっとうしい梅雨の…」「梅雨とは言えど…」「紫陽花の花が…」と梅雨と紫陽花のサンドがてんこ盛り。その中でピカリと光る「初夏の風もすがすがしい頃となりました」をチョイス。コタツに入るくらい清々しい初夏の風が居間を吹き抜けている我が家。

さて、6月になってもまだまだ肌寒い朝が続いておりますが消費者の皆様におかれましてはいかがお過ごしでらっしゃいますか。このように季節の変わり目が大幅にズレましたことから、春に始まるはずの電話勧誘もいくらかズレている印象を持ちます。我が家がフルハウスに移ってからというもの、ちょいと奥ばった立地条件が功を奏してというべきか仇となってというべきか、訪問販売が一切なくなり寂しい限りです。一件だけ、訪問販売ではないですが新聞の拡張営業が来ました。私は新聞屋さんとの押し問答をドコよりも楽しみにしているので「来たか・来たか♪よぉ来たのぉ~♪」と、初孫を迎えるおじぃちゃんのように好印象で出迎えました。しかし相手が悪ぅございましたね。今までの新聞各社の中で一番いいかげんな営業を重ねてきたY新聞。京都から来ているというY新聞の拡張営業のおっちゃんは、アッチのひとかエグザイルのメンバーかその別が紙一重の姿(ナリ)で私のクレームを聞く羽目となりました。京都からわざわざ来るなんて、もう地元では営業成績が出せないということでしょうか。

コブシが飛んできたら頬は確実に切れちゃうデザインの指輪をはめたおっちゃんは、外見と違ってとても温和。殴りかかって来る様子はない。私はその強面だけど温和なおっちゃんにここいらのY新聞の取次店は業界一最低だと告げた。今まで資料として取ってある契約書の束を見せて私はフレンドリーに話しかけた。
「これ、どんな対応をしたかが克明に書き込んである契約書。ほら、Y新聞よーけ書き込んであるやろ?電話番号までね、これ、電話勧誘で暴言吐いて逆ギレした若いニーチャンからの勧誘の電話やねん、二度あって人としてどうよ?と思う電話やったからこの番号を伝えて大阪の本社に『どんな社員教育してはんの?』っていうクレームも付けたけど、本社の対応もええかげんで態度が悪い悪い。クレーム慣れしててあしらって終わりって感じやったねぇ。私としてはもうY新聞に対してええ印象ゆぅたらひとつしかないわ。集金のおばちゃんの愛想がドコよりもええ、それだけ。それ以外は名前聞くだけで嫌気がさす会社やで♪」
金の徴収する時だけ対応がよい新聞社、それがY新聞社。そのことを客である私の口から聞いたおっちゃんは、会社の体制に不満があったのか、私のクレーム内容の一部に同感した。営業・配達・集金と会社が分かれていて、Y新聞社はそれぞれを把握していないだろうが客にそれを言うのはおかしい、という点。ドコが営業しようがY新聞の人間が営業しているのであり、ドコが配達の担当区域を決めようがY新聞の人間が配達しているのであり、Y新聞の人間が集金に来るわけである、客にしてみたら。「新規のお客様との契約をしている会社がいろいろとありますのでこちらではわかりません」は通用しないんぢゃないの?わからないトコに取らせた客に定期購読さしてんのんはY新聞とちゃうんけ?ええかげんな業者を入れてんのはドコやねや?こちらのクレームが的を得ていたのかおっちゃんは、ここいらへん地域の担当者を叱っておく、と強い口調で断言。頼もしいおっちゃんでしょう?京都から来てんのに。けれどもその頼もしさは骨折り損のくたびれ儲けではないだろうか。このクレーム内容は何年にも渡り私がY新聞に対して同じコトを丁寧に丁寧に説明してきた実績があるのだけど、何一つ体制は変わらないまま。その間に、取次店の部長や営業所の偉いサンかな、そうゆう「上の人が変わったから今後はよくなっていく」というような言葉でその時々の拡張営業マンに巧みにかわされたが、10年近く何一つ変わらなかった。その都度その都度のええかげんさは「ええかげんにもほどがあろうが」という域に達すことだろう、あと数年で。
「体制が変わらないと担当のコ責めたって無駄ちゃうかなぁ?担当のコなんてちょくちょく変わりよるから。顔も覚えられんくらいコロコロ変わるで?営業のひとやって同じひとが二度来ることはないんちゃう?そんな人らに責任持った仕事が出来るわけないし、前にこの人は信頼できるなぁって女の営業のひとがいてクレームを親身になって聞いてもらったけど、結局そのひとも言ってることとやってることがまるで違った。もうY新聞には何の期待も持てないかな。このへんで新規を取るのは無理ちゃう?だいぶクチコミで悪評が広がってると思う。私だって『ぅわ~Y新聞とってんの?やめときやめとき~!』て必ず言うもん。」
ごめんな私、正直者でおらっしゃらっしゃいますもんで。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2010-06-14 00:32 | +in the sky?+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク