予言者キョシー

「今日センセイ、おもろかってん。」
「…よかったやん。」
チョモの属するクラス、2組はダメクラスである。
と、言いますのもね、生徒が担任をなめくさっており何一つ聞きゃぁしないんでございますのよ。
担任キョシーの「静かにしなさい」は占い師のまぢないくらいにキかないと思う。だってキョシー、家庭訪問で「新しいクラスになりまして、どうでしょう?」ちゅうから「どこよりもうるさくて落ち着きのないクラスですね」と感想を述べたら、「今までまわってきた家の保護者の皆さんが同じことを言いますぅ」って。
ベテランの先生なのになぁ…生徒をおシめにならないのね。長年の教師生活からモンピの存在などを考慮してか、生徒を野放しにさせるので2組ったらうるさい・うるさい。

新学年が始まった第一日目で「まったくおもんない」との感想が出ていたチョモは、このクラスでおもしろみを見出すことに、今の今までかかっていたのだろうか。…ずいぶん、かかったな。
私は、これだけはPR出来るというセールスポイントがひとつある。「どんな辛い状況にもおもしろみを見出すことが出来る」である。我慢をしてそうするのでなくて、はぐらかしてでもええから切り替える。愚痴りもする、文句も垂れるし、泣きもする。誰だって辛いことには遭っているモンなのだ、こんな私でもね。そんなことなんか山とあるのだ、誰にでも。それを「そんなことはたいしたことない」なんて自分のものさしで測って決めつけることなど、誰にも出来るはずはないが、人々はどうしても何かと比べて辛さや悩みや幸福の度合いを測ってしまう。チョモもクラス分けを値踏みして「7組はええなぁ~」なんてなことをほざいていた。そう考えることで自分で自分の首を絞めてんぢゃないかと、私は思ったけれど、そう考えるのも私のものさしなんだろうから意見するのはやめといた。チョモはもう中学生だけれど、まだ中学生でもある。感化されやすい年頃でもあろうから、むやみやたらと私の考え方を言うのはよしとこうかな。言っても大半き~ちゃいないしね。

辛いと感じればどんなことも辛いし、おもろいと思うことでおもろくないことも十分おもろく出来る。他人の辛さは自分のものさしで測れはしないが、自分の辛さをどうするかは自分の尺度が決めている。「どうせ」と思えばどうせそんなもんなんである。私は、同じやるなら「楽しむ」ってことに力を注ぐ。それを「楽しそうで何よりや~」ゆぅて見ていて気に入らないってひともいるし、「ラクばっかして~」つってやっている事がいいかげんだと思うひともいる。大成功やんな?ホンマはイヤやのに楽しそうに見えてんねで?無理してやってんのにラクチンでこなしてるって思われてんねで?まんまと騙されよってぇ~~~~~♪♪やんか。
そやって私は腹黒く楽しんでいる。
それが、ウリ。
めっさ敵が多いのがタマニキズ。

「今日な?避難訓練やってん。そしたら朝、言うねん先生が。『予言者キョシー予言しまーす。今日は火事がおきまーす。』て。」
「ピンポイントで予言したねぇ」
とにかく2組が守ること、やらなきゃならないことはひとつでーす。しゃべらない!
「予言者キョシー冴えてるねぇ」
詳しいことはまた火事の前に言いまーす。
「さすが予言者。詳細はそろそろ火事が起こる時分に。」
「おもろいやろぉ??」
「おもろいやんけ。」
「続きもあんねん。」
「まさかの二部構成?」
「避難訓練の時間になってな?キョシーが説明してて『火事が起こりますがドコで起こるかはまだわかりませーん』てゆぅたら『ドコで起こる~ん?』て誰かが言い出してな?予言者キョシーならわかるんちゃん?てなってきて、そん時はキョシーもドコで起こるかは言えませーんてゆぅててん。」
「予言者の守秘義務か」
なぁ~予言者やねんやろ~予言して~予言者キョシーならわかるやろ~とかどんどん言い始めてなァ。そしたら『たぶーん…予言者キョシーが思うにはー…理科室で火事が起こるんちゃうかなぁー…』って、ゆぅちゃってん。ソコ隠しとかなアカンのに。」
「知ってるもんやから、つい予言しちゃった?」
「予言者やからな。」
「困った予言者やなぁ…うっかり予言しちゃってサ。」
正直者の担任で、楽しいそうやんか。
今日ノリええな~!とかガッキーがゆぅてな。」
やっぱナメとんな。
予言者をナメるとイタい目に遭うぞ。
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-05-31 09:56 | +in much guy+ | Comments(0)  

<< コソ泥効果 間に合いましたか >>