フリーすぎて手間かかる

フリーター・主婦歓迎!と謳っている求人募集先にネットで応募するという就職活動をしてみました。世の中、なんて機械化が進んでいることでしょう。ただ、二日経っても何の折り返しもありません。機械化で管理・処理能力はあがっているのかもしれないけれど、機械のすることって融通はキかないと思いませんか。だって「求人雑誌見て電話しているんですが担当者様はおられますでしょうか?」と電話したら、担当者にすぐに繋いでくれるでしょう?1分もせんうちにね。ほんで何日の何時に面接が出来るかってのを、たいがいその電話で決めますわな?人間を介したら電話1本でこんだけのことが済むのに、電話番号入力して、メールアドレス入力して、名前、住所、職務経歴、いろいろな情報を詰め込んで二日音沙汰ないわけですのでね、停電でしょうか。電源ってヤツがつかないとほんと使えないんだからもぅ・やぁね♪

さて、応募先からの折り返しがないことにはどうにも次に動けないので新しい就職活動を始めることもなく、かといって「学校関係のひとまずの忙しい事態」は7日のPTA総会をもって一段落したトコロ。今までの総会準備期間、遊びらしい遊びは「闇バド」を二日くらいやった程度なんスよ。21時半消灯の公園で薄明かりの中神経を研ぎ澄ませバドミントンをする、というトレーニング要素の強い「闇バド」。誘っても誰もその誘いに乗ってくれません。だって暗がりの中ベンチで半額惣菜とかの夕食を食べないといけないから。みんな根性ナイなぁ、イイぢゃないか半額の弁当だって半額のパンだって今日中に食べればおいしいぞ!

この「闇バド」で我々は奇怪活動もしています。それが『トイレの良子ちゃんトイレの花子さんは怖いけど、トイレの良子(よいこ)ちゃんは無料なの。不定期発行フリーペーパーだから。
d0137326_1641496.jpg

これらが良子ちゃんズ。機械化が進む平成の世の中に、看護婦に取らせた錆びたメスを突きつけたかのような完全手作業。なかなかのアンチでしょう?「手づくり風」の大量生産でもありませんし「職人仕立て」の高級品でもありません。
d0137326_1641407.jpg

このような貧乏生活防水加工を施している上に「特別ふろく」までついて無料なんですから。「ふろく」は付けられたら結構イヤなモン、付けています。これらの無料誌は、だいたい便所に勝手に置いておく方式で配布。しかしただ置いているだけではありませんよ。私たちは機械化の現代に警鐘を打ち鳴らすための奇怪活動を行っているのですから、この無料誌発見のきっかけからして「意識改革」の一端を担っている必要があるのです。だから「便所の個室に入ったら自動的に目にする」というような、普段の行動の流れに沿っていて「見つけた~」にならぬため、トイレの中で何かしらの「違った動き」をしないことには発見できないよう工夫しております。
例えば、和式便所に跨り目の前のパイプに「パイプにつかまらないでください」と書いてあってその注意を守らずにつかまってしまった時パイプの裏には良子ちゃんズが貼り付けてあったり、トイレットペーパーがちゃんとホルダーにあるのに何故かタンクの上にピラミット積みされてある予備のペーパーを取ったらその芯の中に良子ちゃんズが入れてあったりします。
用を足すだけでは飽き足らずやらんくてもええような奇怪な動きをした時に、このフリーペーパーと出会うことになるでしょう。それを日本人は「縁」と呼び昔から大切にしてきました。「意識改革」とはつまり自分を変えることなのです。自分を変えるということのきっかけはいつの時代も、縁あって出会ったひとからの強い影響を受けるものなのです。「グッドラック。良き出会いを!」そう呟き、親指でも立てる心持ちで置き去り場所を考えあぐねております。なんせトイレの構造ってばシンプルなもんだから。

この無料豆本の企画・制作の99%を担当しているのはアタクシでございますが、みなさんご存知ないと思いますけれどもねアタクシ、女なんですのよ。
ということはですね良子ちゃんズは「女子トイレ」にしか現れないことになりますね?社会的常識上、そうなります。しかしながら良子ちゃんズは「男子トイレ」にも長いこと居座りますよ。こないだ置き去りにした良子ちゃんズが、まだ不法滞在していました。メンズのみなさん、頑張って良子ちゃんズを亡命させてください。テイクフリーて書いてるでしょう?ハケないと次が置けないから早目にお願いしますね。
「男子トイレ」に置き去りにしその行く末のチェックをしているのが、ゑずトリア研究所の研究員で、彼は男ですからそれが可能です。「LDK君」と呼びましょう。厳密には「1LDK君」です。彼はゑずトリア研究所というとっても危険な機関の編集長の右腕だからです。その右腕の1LDK君の右腕である部下が「2LDK君」です。編集長の側近からファースト・セカンド・と位が付いていきますから、ペーペーになればなるほど坪数はデカくなりますね。坪数がデカくなるというのはどうゆうことでしょう?そうですね、税金をよーけ納めるということですね。ゑずトリア研究所でいうトコロの「税金」とは「雑用」のことです。ペーペーほど多くの雑用を納めることになり、ゑずトリア研究所が近々発行予定である有料という名のフリーペーパー制作からは遠ざかった作業をすることになります。これを世の中は「修業」や「下積み」と言いますが、ゑずトリア研究所の業界用語では「納税」と言います。納税は国民の義務ですよ。

そんなわけで素直な国民の皆さん、ゑずトリア研究所は随時、研究員募集中です。研究員には適材適所をご用意。ちなみに能力に順じ「4LDK」の位から奪い合っていただきますので、研修期間はしこたま納税してもらいます。参考までに、ゑずトリア研究所の編集長はアタクシの立候補ですの。
ところで3LDKチャン、ぴらぴらはまだ出来ないかな?急がないとは言ったけど、そこそこ待ってるよ?研究室まで届けてくれると助かるんだけど。
3LDKチャンの出来栄えにもよりますが、ゑずトリア研究所発行の無料誌『有料』は夏頃に創刊予定ですので、皆さん意識改革のほうよろしくお願いいたします。
ここいら近所にお住まいでないために「意識改革してもねぇ」とおっしゃる奇特なかた対象で、『有料』の説明を無料でしているネット上のナンチャッテ本も作る予定です。夏頃を目安に「インテル作家プロジェクト」で検索してみてください。「本を読む!」からジャンル「ノンフィクション」を選ぶと、膨大な本の中から「ゑずトリア研究所」を探す羽目になると思います。そんな頑張ってくれたアナタ様に対し編集長であるアタクシは謝ることしか出来ません。めんどっちくて、ゴメンね。だけど冷え症でキンキンになった手を差し出してこうも言いますよ。
「キケンな研究所へようこそ~!」
ゑずトリア研究所の研究内容が危険なんぢゃないんです。
興味を示したひとがなんとなくキケンな香りを嗅いぢゃうトコなんです。
恥ずかしさとか躊躇とか遠慮とか、かなぐり捨てて飛びこんでおいで。
編集長、わ~るいようにはしないから~。な?っな?
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-05-08 16:54 | *ゑず研(リンク)* | Comments(0)  

<< ゑこ豆本デス リレカで目標達成 >>