どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

ちゃっかり

各市区町村で予防接種の時期に違いがあるだろうが、子供は2歳頃に「麻しん」と「風しん」の予防接種を受ける。そしてその効果が10年くらいあるので、中学入学時分の効果が切れた頃に2度目の予防接種を受けるんである。
この10年間の効果が切れるのを「はしか」は今か今かと待ちわびているのだ。新中学1年生に狙いを定め、身体の弱そうな子供にツバをつけておく。保健センターからMR予防接種案内が届き、予診票に目を通して「ほんじゃぁ、かかりつけに予約して連休明けくらいに打ちに行こか~」という、ほんのちょっとの隙をつくのである。

ヒドイぢゃないの。
「2010年 麻しん排除計画」を実行するつもりで動いている親子になんて仕打ちすんのさ。

ジナーがおそらく「はしか」である。
「あせもが出来てんね~ん」なんて言っていたのが4月下旬で、その本人申告の「あせも」が足首・手首・首と「クビ」にまで繁殖したのは、連休の飛び石前ギリギリであった。
「コレ、あせもちゃうで。首にあせもが出来るのはわかるけど、手首足首にあせもが出来るなんてよっぽどやで。止めどなく汗が流れでもしてないと手首足首にあせもなんて出来ひんで。」
それでかかりつけに行ったらば、血液検査。30日の連休前最後の平日に血液検査の結果が間に合わず、診断が出ない。学校の担任は「一応はしかと考えて出席停止解除証明書をお兄ちゃんに託しておきます」と言うし、病院の先生は「はしかやとは思うけどまだ麻しんの検査結果が出てへんからはっきりとしたことは学校に言わんほうがええやろう。連休明けの6日に連れて来た時には結果は出てるけどなぁ、そん時はもう治ってるやろけど。」と言うし、結局「たぶんはしか」くらいの診断で連休に突入、はしかキャリアなのでこの連休を自宅隔離である。これで感染症でなくて「ものすごく広範囲のあせも」だった時にはこの連休を棒に振ったことになる。まァ、顔にまでブツブツ出てるんでそれはナイか。
ちなみに「風しん」も「麻しん」もどっちも「はしか」は「はしか」なんであるが、ウイルスが違うので症状は似ていてもまったく別の病気らしい。どっちゃにしろ感染症なんで「病名の違い」がわかろうがわかるまいが、こっちとしては「出席停止の病気」くらいの認識である。どっちも「うつすから自宅隔離」っていう対処法なんだし。豆知識として、
「風しん」なら「三日ばしか」で比較的症状が軽いヤツ
「麻しん」なら「はしか」で重症になるときはなるヤツ

と覚えておこう。

「結局、連休つぶれるなァ。ええ天気やのにもったいない。」
「ほんまやなぁ…どこにも行かれへんなぁ。ボクっていっつもこんなんじゃない?」
「そやなぁ…あん時も夏休み殆どつぶれたしなぁ。」
原因不明の病気で身体が動かなくなった約1ヶ月間、それは数年前の夏休み中の出来事である。
「運がええよなぁ…不幸中の幸いって言うの?」
「不幸中の幸いなん?!不幸中の不幸・大不運ぢゃんか。せっかくの休みがつぶれちゃって。」
「休みはそうやけどな、つぶれたけどさ。あの時も夏休みやったから勉強が遅れることはなかったし、今回もゴールデンウィークやから勉強が遅れることないしさぁ…金曜日は体育があったからまだそんなに勉強進んでないと思う。」
「…あ…そういう基準なんや?そ…そうやな…勉強がわからなくなったら悲惨やもんな。」
「やろぉ?」
…すんげぇな、私の植えつけた「悲惨」が浸透してる。私は病弱で学校をちょくちょく休みコロコロ学校を変わったために悲惨な目に遭ったんだと、口酸っぱく我が子に言ってきた。学校とは、授業内容がわからないならば行くだけで苦痛な場所だと教えた。幼稚園に入った途端にそう教えた。
「勉強が出来なかったら、こうなるで。」
と私がクルリと回ってみせると我が子たちは言ったもんだ。
「ヤだーーーーーーっ!」
おまえら…歯をくいしばれ。

「ほんとボクって運がイイよなぁ~♪あの時も夏休みで、今度も連休で。」
不幸やけど運がよかったと、ジナーは前向きである。
考えてみれば病気と訓練を繰り返して生きて来たジナー。しゃべらないことが原因でちょっかいをかけられた事だってあるだろう。中学生になってもまだ訓練が追加され、カリキュラムが組まれる学校生活である。ジナーのクラスメイトであるチュアブルが陸上部に入り、チョナーに「先輩の弟が、しゃべってくれないんスよ!」と訴えたらしく、家ではチョナーからのダメ出しをくらう毎日である。勉強が遅れていなくとも、ジナーには学校という場所が時々、苦痛にもなりうる。私ならとっくに根を上げてるな。
「なぁ?はしかの野郎、どこで情報を聞きつけてきたんやろな?なんでジナーの予防接種の効果が切れたことわかったんやろう?」
「くっくっくっく…」
パジャマの上から発疹を無意識に掻きながら、声を殺してジナーがウケる。
「こないだ予防接種の案内が来て『予約しとくからな~』て言ってたところやったやん?焦ったんやろな、はしかの野郎。今がまさにチャーーーーーンスっ!!この日を今か今かと待ってて、ついにキたーーーーー今じゃーーイけーーーーー!!!って。もぅ…ちゃっかり感染しちゃってサ、律儀やな。」
「くっくっく…今か今かと?」
「そう、今か今かと。ちょっと前からもう調べはついてたハズ。そろそろジナーの効果が切れるって。切れたら「せーの!」でイこうってハナシになってた。じゃないとおかしいぢゃんよ?こんな図ったように「はしか」の予防接種の効果が切れる頃やから二回目をって時期に「はしか」にかかるって。流行ってもないのにサ。アンタ、狙われてたんや。」
「くっくっく…そうかなぁ?」
「選ばれし者や。」
「くっくっく…。めっちゃええように言うやん『選ばれし者』て…選ばれたらアカンのに。」
「はしかの野郎の情報網を甘くみんなよ?適材適所をチョイスしてきよる。」
身体の弱いジナーをキャリアにして、兄弟であるチョナーに感染させる。「来なくてもいい」と言われた部活動に自主的に行っちゃうくらい行動的なチョナーのこと、症状がMAXに到達するまで出歩きまくって撒きちらし、感染経路を作ってしまう。はしか野郎の思うツボ。しかし、そんな用意周到なはしか野郎にもこれは誤算だったに違いない。まさか私がはしか野郎の感染計画をバラしてしまうとはな。しかも完璧な計画を立てたつもりだろうが、こちとらさらに完璧な排除計画を実行に移しているのだ。去年すでにチョナーには2度目のMR予防接種を受けさしとるのぢゃかっかっか~・まいったか~!
残念だったな、はしか野郎。
麻しん・風しんの予防接種は公費で接種できるのぢゃ。
無料とあらば、ちゃっかり打つのさ予防接種。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2010-05-01 16:00 | +開楽館+ | Comments(6)
Commented by チュアブル at 2010-05-22 13:39 x
まぅちゃん・・・・・天才
Commented by マックス at 2010-05-22 13:40 x
まぅちゃん・・・・・天才です!
Commented by チュアブル at 2010-05-22 20:13 x
 ブログやっと見つけました                        また一緒にバミトントンしてください。
Commented by MA at 2010-05-23 01:40 x
チュアブルもマックスも、コメントを書く時にはスペースで改行をしないようにね。
改行するならエンターキーを使いましょう。
このように。
エンターキーだと頭が揃うでしょう?

スペースキーで頭を揃えると            コメントを書いている側からは           一見、改行したかのように見えますが        このようになります。               読みにくいでしょう?

これからの季節のドバミントンは『闇バド』と言って陽が沈んでからになりますが、神経を研ぎ澄ませることが出来るならばご参加ください。
手加減はしませんよ、遊びぢゃないんだから。
Commented by マックス at 2010-05-23 14:17 x
また機会があったら闇バドしようね。
負けへんでー
Commented by MA at 2010-05-23 16:11 x
ふぉっふぉっふぉ。
勝たさへんで。
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク