ボチボチ見るな

「あぁ…洗濯機がピーヒャラピーヒャラゆぅてる…早く干さないとシワシワになってしまう…がこのまま眠ってしまいたい…」
「あ~…わかる・わかるぅ…うっくっく~」
おコタに寝そべっている私に、おコタに首までインしているヘイポーが、賛同する。
「わかったらダメぢゃん…けどわかって欲しい…でもダメ…よぃしっ!!干すぞっ!!」
気合いを入れて寒いベランダへ。

「なぁ~…どっか行かへんのぉ???」
「…行くってぇ??」
「もぉー…チョモも遊びに行くしむーちんもPKやから遊びに行こってゆぅてたんちゃーん…??何か食べに行くって…」
「ゆぅたけどぉ…寒いからこのままおコタでうだうだするのもよくなってきたー…」
「あ~…わかる・わかるぅ…。そうしちゃう?」
「それがなぁ…中学の揃えるもんなぁ…ボチボチ揃えていっとかないと。ほら、今年一年さ、執行部やんなきゃなんないぢゃん。アレで『春から動くことになる』とか『その前に顔合わせが』とか言われてんねん。午前も午後も予定で埋まって、みたいなそんな余裕のない一日ってセカセカしててヤなんだよね。だから早くに揃えてて時間的な余裕を持っときたい。」
「あ~…わかる・わかるぅ…。じゃ、行こかっ!」
「行こかゆぅて…アンタまだパジャマぢゃん。いつになったら服着替えるんよ?」
「ま…そのうち、な。」
「あ~わ~かる・わかるぅ~。」
「もぅ、着替えてくるから行こっ!な?!来週は新年会もあるし、来月はクッキングもあるやろ?制服取りもあるで?もういつ行けるかわからんのやから。」
「そうやな…新年会…卵30コ焼くねん…。30コやで30コ!私の人生で卵を30コ焼くって思ってなかった…それを思うと…今日くらいのんびりしたトコロで大丈夫なんぢゃないかと思えてキた…ゴロゴロしときたい。」
「わかるけど…まぅのメモ帳まだまだ買うものいっぱいあるやん…サブバッグとか体操服とか増えてるで?」
「それはチョモに学校の売店で買わすからええねん、サイズさえ測れば。考えてみたら売店で売ってないヤツを揃えるだけやから、今日はゴロゴロできるかも…」
「わかるけど…行かないと揃わんで?まぅの気持ちもわかるで?まぅの気持ちは目に沁みるほどわかるけど…」
「…なんですって?」
「ほんまやで?まぅの気持ちはわかるって。わかってるんやで?」
「…ちがう。私の気持ちがどれほどわかるって?」
「目に沁みるほど。」
「何に?」
「目に。」
「どうするほど?」
「沁みるほど。」
「目には沁みんやろ。」
「へ?言わん?気持ちがよくわかる時、ゆぅやん。」
「私の気持ちは『痛いほどよくわかって』欲しいけど、目がどうこうぢゃなしに。」
目に沁みたら見えてぇへんよな?
[PR]

by yoyo4697ru980gw | 2010-01-24 01:01 | +in much guy+ | Comments(0)  

<< オカタヅケは中断気味 フルハウス様方 >>