モニタリング

「どうやったかなぁ?と思って?使ってみたぁ??」
「使って…みてないね。だって今、使ってる化粧水あるからね、それ使ってからになるね。」
コレなんだけどね。
d0137326_202526.jpg

『おヨネのちから』ってゆぅの。ちから、出しちゃうよ、おヨネはん。

「なんやぁ~…届いた時から使ってるって思ったのに。そろそろ感想、聞けるかな~って思って。」
「…アレってさぁ…?もしかして、モニター??」
「そうよ?」
「なんぢゃい…あーほならモニターやったらリポート書くよ。」
「書いて書いて。」
「とにかく、今は使ってんのあるから、空いたら真っ先にアレいっとくわ。」
「うわぁ~年、越すねぇ~?」
「確実に、越すね。」
「もう今、使えばいいのに。」
「ヤだよ、今の化粧水が酸化しちゃうぢゃん。」
ちみは知らないだろうがね、私は様々な化粧品を誰に頼まれたわけでもないのに勝手にモニタリングしているのぢゃ。その種類、ハンパねぇ~ストックだけで3箱分かな。基礎化粧品からメイク品メイク道具ヘアケア商品各種、美容院にある大抵の種類のモンは網羅してっから。「チープで優秀」であることを前提に「コノ優秀さならこの金額まで出せる」という金額設定を見極めているトコロである。かれこれ15年ほどかけていて、まだかかる。すでに見極まっている種類のコスメが何点かあるのだが、それは決して教えないぞ。

アレルギーによいという化粧品が美容師の弟ターから届いたのが、何日か前のことだったと記憶する。
d0137326_204811.jpg

「ぅわ~いかにも高そう。」
それが第一印象である。実際、高い。
d0137326_222717.jpg

化粧水が120mlで4725円だって。おねーちゃんね、弟の財布にそんな金があるんだったらとっくに背後から顎の下あたりに指グイっと入れてオトした後で、財布、盗んでるからね。私のちからになってくれてるおヨネはん、180mlで千円以内。私の「モニタリング対象化粧水」は絶対に千円以内。よって私の化粧水は千円以内。たっぷり使えなきゃ意味がないからだ。
「おめぇ関係ねぇだろーーーーオレや金払ったんはーーーーっ!」
と、ちみはきっとそう言うだろう。いかにも、その通りである。しかし弟よ、考えてみたまえ。顔は毎日洗うのだ、単なる私の予想であるが「死ぬまで洗い続ける」ような気がしている、いかがであるか。私は、この「化粧水」がどんなに優秀であろうとも、リピーターにはならないだろう。なぜなら、金がもたねぇからだ。私は化粧水を腕や足にも使う、ちょっとした裏技アイテムとしても使用する。この化粧品欲しさに、パート時間が1時間増えたりするのはきっぱり、ヤだ。

とゆぅわけで本日からモニタリングするため、おヨネはんを「腕足専用」として格下げした。これもみな、おヨネはんが腕足専用として使ってもいいくらいにチープであることの恩恵である。ちみ、ドラッグストアでおヨネはんにでおたらそっと頭でも撫でときなはれや。たぶんレジの女性スタッフが二人してコソコソ言い言い、ちみを変人扱いしてくれると思う。

私は「もらいものである」という圧力には決して屈しない心を持っているので、「使い心地」に関してフェアにジャッジする所存である。使い心地に関して偽りはしないが、フェアにジャッジ出来ない点が既に申し上げた通りこの化粧品の売価の高さにある。
私のコスメモニタリングには価格が大きく影響する。その出所が己の懐からではなくてもその事実は変わらない。貧乏をこぢらせている性格ゆえ、「コレってたけぇんだよなぁ…」という心情から1回の使用量が通常より少なくなってしまったり、「首はやめとこ首までは…」と5円分程度のケチりが出てしまうことは否めない。そうなると、正確な「効果の是非」は問えんだろう。そこで私は考えた。

後半にスパートかけるで

この方法でイこう。今はまだ「たけぇーたけぇー」のもったいない精神が勝りとても出来たもんぢゃないが、「化粧水」の底力を試すスキンケアに「バシャバシャパック」という方法がござる。これを後半にもってきたいと思う。最大限の「効果の是非」が問えるはずである。この時はケチらないことを約束しよう。
d0137326_214489.jpg

とりあえず今回は、このローションに数々ついてきた「サンプル」の中から「基本の3点セット」のようなものをチョイスしてみた。
d0137326_21547.jpg

開けてみたら、ケアリングミルク、漏れてたで。もったいねぇから…出荷の時に気を付けて欲しい、という感想をまずは述べておく。

ケアリングローション
d0137326_224872.jpg

無臭。化粧水の「香りが気に入る」ということがよくあるが、これは「ほぼ無臭」。「ほぼ」くらいに嗅ぎ取った香りがどうかと言えば、[MONO]って書いてる消しゴムのような香りが微かにする。…個人的には悪くはないが、受験勉強に苦い経験のあるひとが使用すると、ちょっと切ないかな。
化粧水とは言えどトロミあり。ジェルとまではいかず。このトロミのある液体であることの長所は、少量で余裕を持って顔全体にのばすことが出来るという点であろう。商品に入っていたケアシートから「使用方法」を。
洗顔後、手のひらに適量を取り、両手でよく温めてから、顔の下から上に向かってなじませます。これを3回くり返します。
トロミをつけて正解やね。3回くり返すなら少量でのびがいいのがよろしい。塗った後に「つっぱり感」が非常にある。「肌にハリが出た」と解釈出来ないこともないが、「しっとり感」も重要だ。私はどんな化粧水でも、風呂上がりから眠る前まで「乾いた」と感じれば肌に入れ込むことをするが、早い時でも1時間くらいは「しっとり感」は続くものだ、安くてもね。しかし、この化粧水は一気に3回を繰り返すくらいあっと言う間に「しっとり感」が飛ぶ。しかし3分の1ほどは「しみ込んでいる」感覚もアリ。肌の状態というのは毎日微妙に違っているので、今後の使用感で経過をみたほうがよさそうだ。

ケアリングミルク
d0137326_233236.jpg

これは「ミルク」の種類としては「重い」ほうのミルクだと言える。クリームとまでは言わないが、クリームに限りなく近い。のびのよいクリーム、といった感じ。今、私の手はささくれ立っているという無残な状態であるが、このミルクで手に「ツヤ」が入った。それは約1時間モった。こう考えたらわかりやすいのではないか「シワシワのおばーちゃんの手が温泉入ってツルツルに」のカンジ。時間経過と共にささくれは蘇ってきて、今のところ持続力は1時間前後。

ケアリングクリーム
d0137326_234890.jpg

「ミルク」が「クリーム」に近かった時、「クリーム」は「オイル」に近くなる。これはかなりの「べっとり感」。今は冬だからイイけど、これを夏には使用したくない、と思わせる重さである。白濁したクリームを塗り広げて透明にした時の感覚はまさに「オイル」。この持続力はミルクの倍。2時間、私はタイピングを控えた。

以上、使用当日のファーストリポートはこんな感想やね。
使い切った頃に最終的なジャッジを報告するんでね。
[PR]
Commented by ター at 2009-12-30 13:48 x
ローションの上にミルクね。

クリームはまさに冬の為やね。
夏に使いたくないって方からの声でミルク誕生らしよ~

ちなみにうちは1リットル2000円のローションを家族全員で体中あますことなくつかっとる。

んで肌荒れヒドい時だけケアリング~
Commented by at 2009-12-31 01:55 x
冬でも「ミルク」までで十分と思えるほどのフタやね。クリームを作るよりローションを進化さして「ジェル美容液」を作ったほうがいいと思うな。たぶん、売価1万近くなるとは思うけど。

ほんでね、追加報告がござる。
昨日、1ヶ月以上ぶりに化粧をした。日本一長い商店街『天神橋筋商店街』に行くためである。(ちみにウエストサイズをきーといて何だったけど、この商店街でちみの規定外サイズのボトムを探し当てることは出来なかったことも併せて報告する。ちみ、身体を規定内に収めるか『勝俣スタイル』でイってみないか。)
ベースメイクをする前のベースで「ミルク」までイってしまうと、通常はコンシーラーがノりにくい。ノせても時間が経つとヨレるという現象が起こるが、通り抜けるだけで片道40分かかると言われている天神橋筋商店街をタラタラ歩いたが、ウきもヨレもしなかった事実を考えると、使用直後の「べっとり感」ほどには肌の上で分厚い層を作っていない、ということである。ムラなくのびている証拠かな。優秀やね、ミルク。ミルクも同じ値段?
Commented by ター2010 at 2010-01-02 09:12 x
ミルクたぶん一緒…

でも量すくないよ多分…


ミルクがいいわぁ~

ミルク言ったらオレはデーリィーやけどね…
飲む方ね‥丸山も捨てがたいけどね、地産地消。
Commented by at 2010-01-02 13:14 x
使用量を考えると内容量が少なくても消費ペースは一緒だろうねぇ。
ミルクと言えばコッチでは「いかるが牛乳」だろうねぇ。
一滴も飲んだことはないけど。
でぇじゃが~・いかるが~。
Commented by ターやし at 2010-01-02 19:27 x
ようはミルクは気に入ったってことかい?

ミルクの方がイイんぢゃない?
とは言われたんよね…
Commented by at 2010-01-03 00:54 x
これねぇ…現段階では難しいトコでねぇ…。
使い心地の「何もつけてない感」で言ったらローションは優秀やね。オールシーズン快適なんはローションやと思う。でもローションの後のツッパリ感はミルクが中和すんのよねぇ。夏はいらんけど、冬は絶妙な感じやね。翌朝のカンジも冬はミルクいるって感じやけど、ミルクだけじゃぁ「塗ってる感」が出てまうわ。ローション後のミルク、ていう組み合わせで活きてくる使用感やと思う。ローションありきのミルクやねぇ…難しいトコロ。どっちススメる?って言われたらローション推すけど、ローションを確実に使うってんなら同時にミルクも同じくらい推す。ただ「ミルクのみ」では私は推さないかな。「使用感」に重きを置いてるからね、私。あくまでも価格は度外視してのハナシやで。
by yoyo4697ru980gw | 2009-12-29 02:10 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(6)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA