どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ

BDなの

「まぅ、おいで。はよー。」
朝もはよぉの手がはなせない時間帯やっちゅ~のに、むーちんが呼ぶ。
「はよぉーって。もう行くでー。」
「もぉー…何よぉ…」
給食が無い中学校のお弁当作りには、10分から30分を要するが「前の晩におかずのひとつでも作っとこか~」をしなかった今朝は大変に頭を使う。アレとアレとコレでソレの…炒めるか…詰めるか…冷めたか…。

「はい。今日のお弁当は全部カンゼン手作りです。ふぉっふぉっふぉ~。」
「えー…一個くらい冷凍食品入れてくれたらええのにー…」
「オマエはそうゆうヤツやな。オカンの手作りより冷凍食品がウマいと言うようなヤツやな。知ってるけど。」
「きのーの、白身魚?マヨネーズのアレ、おいしかった。」
「オマエの味覚もたいしたモンぢゃないな。白身魚のフライはタルタル内蔵や。けっ、味のわからんヤツめ。」
「あれタルタルソースやったん?おいしかったで~アレ好きやな。」
手作りの愛情スパイスより、冷凍技術の完成度の高さがキく男チョモ。温かい愛より、凍ったフライをチンするのがお好き。
「冷凍食品はな、アレが完成形やからな?研究に研究を重ねて完璧な出来上がりになったヤツが売られてるわけやから、おいしくて当然やねん。私の弁当のおかずは常に研究中やねん。未だに出来上がってないねからマズくても想定内。」
「やったら冷凍食品でええよ、おいしいし、まぅもラクやん。パン購でもええしな。」
「アホか。じゃ冷凍食品1コの弁当になんで高いんやから。パン購なんてしてたら月の後半は昼ごはんナシやで。ラクなんはええけど金がモたん。弁当、100円で出来てるから。日によっちゃぁそれ以下で。」
「弁当なぁ…なくなんねよなぁ…『おっ!毒舌しらたきサンや~ん!ちょーだいっ』って昨日もしらたきサンはココちゃんが全部、食べよったからな。」
「しらたきサンのレシピ教えたったのになぁ…まだ作ってなかったんか。ま・アンタもココちゃんからもーてんねから、あげたらええがな。」
あとは冷めるのを待って、フタをして縛り上げるだけ。ようやっと居間に移動でき、むーちんの「おいで」に応えるとむーちんが歌う。
「ハッピバ~スディ~♪」
「おぅ…そうか…今日か…」
自分の誕生日だ…またこの日を忘れたな。「まぅの誕生日って18日やんな?」「まぅちゃんの誕生日って20日やったよな?」と、私の誕生日19日は皆すっかり抜かしてなかなか覚えておくれでないが、本人すら抜けるのだから他人様が覚えていようはずはない。11月になった途端「今月、私の誕生日やね~ん19日♪」と言うが、19日って中途半端やねんな。15日くらいまでは「もうすぐ~♪」とかゆぅとんのに、いざ当日となると抜ける。「あれ?!今日か?!」と性懲りもなく毎年、言っているのだ。こんなに毎年、楽しみにしているのにまただしね。

「じゃじゃぁ~ん、はい。」
d0137326_23245016.jpg

むーちんが会社で「ご褒美」てなカンジでもらう現金の報奨金を未開封のままとっておき、私の誕生日にサプライズで初めてくれたのがたしか2年前の出来事だったと思う。それからこれが恒例のプレゼントになったようでその封筒の数は年々、増えている。今年は、年末調整の用紙までセット。
「…うわっ戻ってキた?!」
年末調整「毎年オマエが書いてるやろ~」とか言われて書いたけど、どーも記入漏れってゆぅか不備があったってゆぅか~。控除のトコってほんまヤになる、控除証明書とかいろいろごちゃごちゃと。今年はもうリフォームや引っ越しやと重なってこの時期、年末調整にかまってられる頭の容量の空きがなくてね。ガス・水道・電気に電話・ネットを止めるや出すやの手続き手続きやろ?郵便物転送に思いつく限りの住所変更届やろ?いざひとつやり出すと、これが「あ・今からぢゃ間に合わなかったみたい」ということが発覚して大忙し。
「…コレ…書き直すの?もしかして?」
「オレがやっといた。」
「よかった~…それにしても…増えてる。…絨毯…買えるな。」
d0137326_23251097.jpg

じ~っと私を見るむーちん。
「あ…。わ~い♪ありがと~。」
そしてじ~っと私を見るむーちん。
「あ…。今、開けるの?」
「…いや?開けんでええ。もう行くで。」
「あ…うん、はい、行ってらっしゃい。」
今日の予定、7項目あるから開けるのはあとにしようと思って。夜ぢゃダメかな夜ぢゃ。やることリストを書き出して予定を立てたのが昨夜…いや今朝になっての1時頃だったと思うけど、むーちんは「2時過ぎに寝たから眠いやろ~昼寝するんやろ~」と言ってた。ちゅ~ことは睡眠時間、4時間。…仕方がないなコレは。「即行動」に移せるような休息を、脳がとっていないと思う。
d0137326_23254994.jpg

封筒に入っているのが「1000円とかやから」とむーちんは言っていたが、なんのなんの最初の封筒は7500円。
d0137326_2326292.jpg

合計こんだけ。
ええっと…フルハウスに必要なのが…絨毯・カーテン・押し入れスノコ…イけるか…うぅむ。

「なぁ~何、買うん?」
「う~ん…考え中~。」
「いくらあった??」
出勤前のむーちんが今朝、私に訊きながら手を出すので、これまた恒例になっている「小銭をむーちんにバック」しながら答える。
「めっさあったで。5万なんぼかくらい。」
「ウソやん、そんな無いやろ?この小銭で2~3千円くらいのモンやろ?」
「いやいやいやいや、もっとあるって。ほ~ら、昨日数えて書いておいた。59600円て書いてる。な?ええっと…ほらこれで1万…1,2,3……」
私は紙幣をむーちんの目の前で再度、数え直した。
「45000円。…えぇっ?!ぢゃぁその小銭って1万以上あんのっ?!そやな…重いもんな…。」
「いや、ない。」
「…そうやな…いくらなんでも1万超えてる小銭って…財布に入るわけないよな…。じゃぁコレ、49600円の間違いやな。でもほぼ5万ぢゃん。」
「なに買うの?」
「まだ何も。決まってない。」
「あぁ、そう。じゃ、行くわ。」
「はい。」
むーちんが家を出た後、私は新聞広告にサササ~と目を通した。そしてピンと来た。早速メール。

iPodナノにしょ~かな~

いつだったかラヂオで言ってたもん「iPodナノってのが出ました~」みたいなこと。「iPod」と「iPodナノ」と違いは何ナノ、と言うと「ラヂオが聴けるか聴けないか」だと説明していたハズだ。数年前、iPodよりも小さな携帯ラヂオが壊れ、この際だからデジタルオーディオプレーヤーにしようかな~と言っていたら、むーちんだったかチョモだったかが「iPodにすれば?」という意見を出した。いらんくらい曲が入るらしいやん?とかゆぅて。私の「iPod」の認識は「iPodって音楽を持ち運ぶんやろ?私が持ち運ぶの、ラヂオやねんもん。」程度のものだったので結局、ラジオが聴けるその場で現金値引きの細長いヤツにした。ただ、コレがおっそろしく電波をキャッチしてくれない。大通りを歩いているならいいが、ちょっと路地に入ろうものならただのノイズで知らない国の電波なんかをキャッチしちゃってんぢゃないかと思うほどの雑音混じり。「ナノってラヂオもナノ?そんぢゃぁちょっと欲しいかも。」という会話をむーちんとした。そうだ・そうだ、ナノなら私向きナノ。

カーテンとかどない

私のナノ希望をむーちんは全く無視ナノ。

何色にしょ~かな~

むーちんの提案には耳日曜ナノ。
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-11-20 23:40 | +談合料亭『千徒馬亭』+ | Comments(0)
カテゴリ
第9回エッセイ・ブログ大賞
エントリー中

最新のコメント
>all holiday..
by yoyo4697ru980gw at 22:32
盆踊りで検索していたらた..
by all holiday at 00:37
oriさん、ツッチーに結..
by yoyo4697ru980gw at 23:56
こんにちは、ツッチーの娘..
by ori at 14:12
これはこれは「とうま」さ..
by yoyo4697ru980gw at 09:42
ブログジャンル
以前の記事
記事ランキング
画像一覧
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
ファン
フォロー中のブログ
外部リンク