迂闊昔話歌

昔話の歌ってのは歌詞がそのままあらすじになっていて、歌うだけでその昔話の内容があらましわかるようになっている。
だから『花咲か爺』だと、ショージキ爺さんのラッキーを真似してええ思いをしようと企むイヂワルじじぃが、最後には捕らえられるというオチで終わるので、歌詞は6番まで続く。でも、大丈夫。

うらのはたけで
ポチがなく
しょうじきじいさん
ほったれば
おおばん こばんが
ザクザク ザクザク


これで1番だから、ロードほどは長くない。

いじわるじいさん
ポチかりて
うらのはたけを
ほったれば
かわらや かいがら
ガラガラ ガラガラ


ほんでこれが2番。
このようにショージキ爺さんがやったことを見て、努力もせずにええ思いをしようと真似しぃのイヂワルじじぃがやることは、全て裏目に出るのである。そして灰をまいて花を咲かせたショージキ爺さんが殿様に褒美を蔵いっぱいにもらうと、あんだけいろいろと裏目に出てるのに懲りもせんとイヂワルじじぃは灰をまく。その灰は殿様の目に入りとうとう牢屋につながれるのだ。イヂワルじじぃには、ショージキ爺さんと自分の違いの理由がわかっちゃいないのだ。

昔話は「道徳」みたいなことを教えている。正直者であれ、良い人であれ、勇敢であれ。
「ナンちゃってぇ~」みたいなことは、一切ない。

ちゅう~わけでぇ、昔話歌を「なんちゃってぇ~」にハナモゲストがアレンジ。
迂闊な昔話歌シリーズ
なんつったってシリーズにしちゃうもんね。

『機動戦士花咲か爺』

サイド7で
ポチがなく
ショージキ爺さん
ニュータイプ
倒す相手は
ザクザク ザクザク

イヂワルじじぃが
ポチかりて
ガウ攻撃空母の舵を取る
ジオンの御曹司
ガルマガルマ ガ・ル・マ


なんちゃってぇ~

『The United States of 牛若丸』

サンフランシスコの金門橋
大の男の弁慶は
それこそchangeをひっさげて
オバマめがけてYes we can!


I can do it!

『浦島詐欺』

むかしむかし 浦島は
助けたかめに 裏切られ
龍宮城と ウソこかれ
歌舞伎町の ぼったくりバー


乙姫様は夜の蝶、カメは被害者を装ったポン引きでしたとさ。

『受験生金太郎』

ゲンでもかついで 
金太郎
きっと勝つ「キットカット」
明治製菓の「うカ~ル」
ハイ シ ドウドウ 
ハイ ドウドウ
拝受どうぞ 
ハイ 堂奥


まァやるだけのこたぁやってんだから、最終的には験を担ぐくらいのことしか残ってナイわけよ。
最後の最後まで「何かにすがってでも」あきらめない。
ま・それが「奥義」ってヤツだわね。

『自慢屋うさぎと無気力かめ』

もしもしかめよ 
かめさんよ
せかいのうちで 
おまえほど
あゆみののろい 
ものはない
どうしてそんなに 
のろいのか

おっしゃるとおりよ 
うさぎさん
世界で一番
のろいから 
むこうの山まで
かけくらべ 
やっても無駄だよ
やめようよ

どんなにかめが 
いそいでも
どうせばんまで 
かかるだろ
ひと眠りしたって
追いつくし
ハンデで後ろ向きに
走ろうか?

なんとおっしゃる
うさぎさん
だからやらないって
言ってんぢゃん
やるならどうぞ
おひとりで
ボクのことは
ほっといて


戦う気のない者を挑発するのって野暮だよね。

『どケチ桃太郎』

ももたろうさん 
ももたろうさん
おこしにつけた 
キビダンゴ
一つわたしにくださいな

あ~げません
あげません
おばぁさんの手作り
キビダンゴ
ひとつもあなたにあげません


どケチ!!
[PR]
by yoyo4697ru980gw | 2009-10-15 12:33 | +ハナモゲスト ゲリライブ+ | Comments(0)

どうでもよいことを考えはじめたらキリがおへん どうでもえぇのについつい考えてまう どなたサンもその状態が「ミルニング」どすぇ


by MA